« 書評<イタリア・マフィア> | Main | ネットの恩恵を受けるアナログ趣味 »

2007.03.18

ベトナムに行ってきた

木曜日(3/15)から日曜(3/18)まで、現地2泊、機中泊1泊にてベトナムに行ってきた。
2007_0318nam0001
Kazuさんのmixiの日記へのコメントにてハノイに行ってきます、みたいなことを書いたのですが、政治には何の関係もない会社員が用事があるわけはなく、ホー・チ・ミン(旧サイゴン)の大勘違い。
ホー・チ・ミンに到着してまず感じたのは、ベトナムは”バイクの王国”であること。まー大量のバイクが無秩序なのか秩序があるのか分かりませんが、走り回ってます。オレたち観光客が乗るバスなんかは、度胸一発クラクション鳴らして無理やり割り込まないと、路上発進もできません。そしてカブを生み出したホンダへの信頼は絶大。
それと、ベトナム戦争の影響でとにかく年寄りがいない。30代までの人口構成比が60%なんだとか。我々が宿泊したホテルはサイゴン川沿いだったのですが、夜になると”若い人民”たちがビッシリと並んでイチャイチャ。国全体が成長と青春を謳歌してます。
個人的には共産主義の国ということで、結構気になっていたのですが・・・
2007_0318nam0045
ときおりこんな風にプロパガンダがあるにはあるのですが、表向きにはまったくの東南アジアの商業都市。高層ビルはまだ外資の銀行とホテルぐらいしかありませんが、工事中のビルもたくさん。我々のツアーの本来の目的であるシンガポールと合弁の工業団地も、外資の工場の進出に造成が追いつかないそう。
ベトナムはもともとフランスの植民地で、建築物もヨーロッパ風が多い感じ。なかでも大きな教会とマリア像はその象徴ですね。
2007_0318nam0040
「神様、ボクたちはなんて無力なんでしょう。」
「そんなことはないぞ。」
と真っ先にセリフが浮かんできたオレは、オタクの不信心者。
そしてミリオタが一番見たかった戦争証跡博物館。
2007_0318nam0055
ミリオタが喜ぶような兵器博物館ではなく、アメリカがアジアの小国でどんな戦争をしたかを伝える博物館。広島人としては原爆資料館に近い感じでしょうか。なので野外の展示物も
2007_0318nam0044
アメリカの航空機が落とした爆弾類や
2007_0318nam0048
ある意味、ベトナム戦争の象徴の1つであるベルUH-1が悪の権化のごとく展示されてます。欧米からの観光客が写真展示をしげしげと見つめ、社会見学と思われるベトナムの中学生たちが戦争証跡を前にはしゃいでいるのは、フシギな光景でした。会社の同僚はアメリカの非道に憤っていましたが、ベトコンが民衆を盾に戦っていたことも指摘しておかないと公平ではないでしょう。
その他、食事も我々の口に合い、総じて日本人にとっては居心地のいい国ではないでしょうか。
ただ、通貨ドンの単位がやたら大きいのは勘弁して欲しい。お釣り計算が得意の日本人が、紙幣の束から店員のオネーサンに支払額を抜き取ってもらう屈辱(笑)は忘れられません。


« 書評<イタリア・マフィア> | Main | ネットの恩恵を受けるアナログ趣味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは
やはり今でもバイク(というかカブ)天国なのですね。良いご旅行だったようでなによりでした。
きっと何かマニアックなお土産を買ったに違いない。
そのうち公開してね(笑)

>ドカ山さん
そんなマニアックなものなんか買ってませんよ(笑)。
カブも多いですが、東南アジアオリジナルのカラフルなバイクも多かったです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベトナムに行ってきた:

« 書評<イタリア・マフィア> | Main | ネットの恩恵を受けるアナログ趣味 »

My Photo
November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter


無料ブログはココログ