« 中国のニミッツ級原寸大模型 | Main | 本日のお買い物番外編;「それゆけ!女性自衛官」 »

2007.03.03

書評<蹴る群れ>

蹴る群れ
木村 元彦
地球は”サッカーの惑星”だ。世界のあらゆる地域、例え争いがあろうとも、そこにはサッカーがある。それゆえ、サッカーは政治や経済と無縁ではいられない。サイモン・クーパーがいうところの「サッカーの敵」だ。
だが、その存在があるからこそサッカーは奥深く、ドラマが生まれるんだと思う。本書もまた、サッカーそのものではなく、サッカーに関わる人間たちの悲劇や熱情を追っている。
本書は3つのパートに分かれる。第1部はイラクやレバノンなど中東を中心として、戦争の影を背負いながらもサッカーに引かれていく者たちを追ったレポート。”スポーツと政治は無縁”などというのは戯言だが、それでもサッカーをやめられない庶民の力を信じたくなる。
第2部は日本サッカーの礎となった人たちのレポート。大分トリニータを”作った”男、戦後、まだサッカーが一般的でない時代から少年団を組織し、ついには専用グラウンドまで手にした男。彼らには敵も数多いが、目的のために一途に突き進む情熱は本物だ。
第3部は、サッカーにおいて、特殊なポジションであるGKのパーソナリティを探るレポート。歴史に現れた様々なエピソードを持つGKたちへのインタビューで導かれる言葉はやはり、他のフィールドプレーヤーたちとは随分と異なる印象を受ける。
我々日本人は、完成され最先端を突っ走るヨーロッパのサッカーに憧れるが、まだ基盤も弱く、未発展だからこそドラマと情熱に溢れる”サッカーの日常”を過ごせているのかもしれない。本書はそんなことを感じさせる。

初版2007/02 講談社/ソフトカバー

« 中国のニミッツ級原寸大模型 | Main | 本日のお買い物番外編;「それゆけ!女性自衛官」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<蹴る群れ>:

« 中国のニミッツ級原寸大模型 | Main | 本日のお買い物番外編;「それゆけ!女性自衛官」 »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ