« 書評<ホメイニ師の賓客> | Main | EF-111A Day5th »

EF-111A Day4th

土曜のニュースまとめ番組のメインの話題は当然、コムスンの社長とグッドウィルの会長の記者会見。”バブル時代の寵児”が、どう間違ったらあんな髪型になるんだろう。
そんなことを横目に見ながら制作中のEF-111A、今日のメイン作業の成果。
2007_0609ef1110005
至れり尽くせりのハセガワのワンイレブンですが、キャノピーはワンピースのみ。それを切り離して、スーパーカーのガルウイングを思い出す、開状態にします。
しかしそこは予備のないクリア部品。トライツールのラインエンクレーバー(細彫り用)をPカッター代わりにして、慎重に作業。なんとか無事切り離したが、案の定少し傷つけてしまったので、800→1500→2000のペーパーでヤスってコンパウンドで磨いてやる。さらに切り口を整えた後、マスキングして塗装して一応、完成。なんとか無事終了してよかった。
札幌は何やら騒がしい祭りが開催されていますが、一切無視して全体塗装いきます。

|

« 書評<ホメイニ師の賓客> | Main | EF-111A Day5th »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

うおおお!
なんと恐ろしい作業でしょうか!
タダでさえ神経を使うクリアパーツなのに
切り出すとは神技か!?
気合入ってますね。楽しみです。

Posted by: ドカ山 | 2007.06.10 at 13:14

>ドカ山さん
なんでクリアーパーツはパキっといきやすいというか、粘りがないんでしょうねえ。この作業は見た目よりも神経使いました。

Posted by: ウイングバック | 2007.06.10 at 18:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<ホメイニ師の賓客> | Main | EF-111A Day5th »