« F-105D Day4th | Main | 書評<スプライトシュピーゲル・オイレンシュピーゲル> »

F-105D Completed

いろいろ不満はありますが、みなさんの励ましにより、トランペッター1/72F-105Dサンダーチーフ、完成しました。
2007_0903f105d0004
リパブリックF-105サンダーチーフは、がむしゃらに超音速を目指した1950年代に開発された戦闘爆撃機。胴体内に核爆弾を搭載する予定で設計されましたが、その爆弾倉には追加燃料タンクを搭載、パイロンを追加して主に戦術戦闘機として活躍しました。おりからのベトナム戦争では生産機数の半分を失っていますが、これは出撃数の多さと過酷な任務に投入された結果というべきでしょう。
2007_0903f105d0007
キットはトランペッターの新商品をストレート組み。待望の全面リベット+全面スジ彫りの1/72サンダーチーフですが、パーツ割りなどはそこはかとなくモノグラムに似ているようです。プロポーション・パーツ精度は概ね良いいのですが、プラが柔らかいため、接着後の事後変形が起き易く感じられるので、胴体などはプラ版で裏打ちした補強した方がよいでしょう。バルカン砲のアクセスドア、空中給油プローブは開状態を選択でき、後部のドラッグシュートドアと排気口パネルも分割された別部品です。個人的に1/72にしてはやり過ぎかとは思うので、排気口の1枚を駐機状態で下げて固定した以外は、動きはつけていません。主翼のフラップ・エルロンも別パーツですが、ここだけは盛大にパテが必要です。
2007_0903f105d0018
塗装はキット付属のデカールを使用してアメリカ空軍の388TFW・34TFSのコードレター"JJ"の1機を再現。なぜかキットのカラーガイドに上下の図面がなく、SEA迷彩のパターンは非常に不正確。「世界の傑作機」見てると、実機もファントム以上にバラバラなので良しとしています。前回のTA-7Hと同じく、ブラウンのみイエローを混ぜて、日光による退色を再現しています。
2007_0903f105d0017
武装はセンターにMk.82×6、アウターパイロンにMk.82の延長信管付。おそらくこのキットの一番の欠点はセンターはタンクのみでパイロンが付属していないことではないかと。実際はセンターはMERかまして通常爆弾のパターンが多いので、今回はジャンクパーツからF-18E/Fのパイロンを少々加工して使っています。
2007_0903f105d0014
なんだかんだと言いながら、実質2回の週末を潰しただけで完成させることができたので、総合的には良キットなのではないかと。自分的に本命は後発のF-105Gなので、今回の反省を生かすということで納得。このクオリティでセンチュリーシリーズを揃えてもらえないかなあ、と期待します。


|

« F-105D Day4th | Main | 書評<スプライトシュピーゲル・オイレンシュピーゲル> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成おめでとうございます。キットも製作もイイ出来ですね。カッコいいです。ハセガワ(レベル)のキットを持ってますが、トランペッターの方が100倍いいですね。ホントにセンチュリーシリーズお願いしたいですね。

Posted by: シン | 2007.09.03 at 22:05

 完成おめ! 出来てしまえばこっちのモンですよ(笑)。

 考えてみれば、あとF-102とF-106のデルタ兄弟が出れば、とりあえず1/72のセンチュリーシリーズはリメイク完了ということになるのかな。なんでデルタ兄弟はどこも出さないんだ? バリエーションが複座型しかないから?(^^;;

F-100……イタレリ(エッシー)
F-101……レベル(B型だけど)
F-102……古~いハセガワ
F-104……新ハセガワ、レベル(モノグラム)
F-105……トラペ
F-106……古~いハセガワ
 ついでに。
F-107……モノクローム(トラペ)
F-110……新ハセガワ(F-4Bのデカール替えですが)
F-111……ハセガワ

Posted by: KWAT | 2007.09.04 at 16:54

>シンさん
ありがとうございます。
レベルもいい味はあるんですが、スジ彫り命を吹き込まれた世代としては、ちょっとツライかも、ですね。

>KWATさん
ありがとうございます。
そう!特にF-106は個人的に大好きなので、ぜひリメイクして欲しいんですよね。エアクラフトグレーでピカピカのデルタは美しいと思うんですが。

Posted by: ウイングバック | 2007.09.04 at 18:08

こんばんは
完成オメデトウゴザイマス

なんか、前作ののF-18の時からコメント
し損ねてるうちにもう完成トハ、速すぎです(笑)
いつもながらの清潔な仕上がりが実に素敵ですね。
すごくカッコイイです。お疲れ様でした。

センチュリーシリーズ
確かにイマドキのクオリティで作ってみたいですよね~
ヨンパチで(笑)

Posted by: BAEL | 2007.09.04 at 22:19

>BAELさん
ありがとうございます。
もう、現実から逃げたくて、必死に模型を製作おります(笑)。
ヨンパチ、そろそろ行ってみようかとは思いますが、アイテム的にBAELさんとガチ勝負とかになりそうなので、どうしようかな(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2007.09.05 at 08:55

めちゃめちゃかっこよくできてますよ!
うまい人がうらやましい。

生産機の半分を失うって現代では
一方的な戦闘が多いからありえない
ですね。(あるのかもしれませんが)

そういう時代だったんですねー

Posted by: atyushi | 2007.09.06 at 12:24

>atyushiさん
ありがとうございます。
よさげに見えたなら、それは良キットのせいですよ。

イスラエル国防軍が意外にパレスチナゲリラに苦戦しているように、国家間の戦争でなくても損害が拡大する事態がありうるのかも知れません。

Posted by: ウイングバック | 2007.09.06 at 20:34

こんにちは。毎年静岡ではお世話になっております。昨年ミラージュをやらせていただいた者(ども)です。


「センチュリーシリーズ」がお好きでしょうか?

それでしたら、今回の静岡で、ぜひ私どものブースにお越し下さい。つたない展示ですが、楽しんでいただけることと思います。お待ちしております!

Posted by: H.U.D世話人 | 2009.05.06 at 13:53

>HUD世話人さん
今年も素晴らしい展示が見れそうですね。今年もブースに必ず寄らせていただきます!

Posted by: ウイングバック | 2009.05.07 at 15:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« F-105D Day4th | Main | 書評<スプライトシュピーゲル・オイレンシュピーゲル> »