« 書評<キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?> | Main | F-14B Day7th »

書評<天元突破グレンラガン1/2>

この秋に熱き血潮溢れる最終回を迎えたアニメ「天元突破グレンラガン」のノベライズ。著者はTVシリーズの脚本家であり、ほぼ忠実にストーリーを追っている。
なのだが、ストーリーを追っているだけかな、という感じがしないでもない。グレンラガンはクライマックスのデタラメなテンションの高さが魅力だったが、なかなかそれが伝わってこない。例えば2巻で主人公がもっとも尊敬し、愛し、共に闘ってきた”アニキ”の死から立ち直る場面は屈指の名場面のはずなのだが、熱さが伝わらない。文体も工夫されてはいるのだが、読者がその場面に酔い、何度もページをめくって読み返すまでには至らない。
ノベライズ、ライトノベルというものの難しさをつくづく感じる作品である。
2007/08および10  小学館/ガガガ文庫

|

« 書評<キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?> | Main | F-14B Day7th »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?> | Main | F-14B Day7th »