« 書評<実況席のサッカー論> | Main | F-8J Day3rd »

F-8J Day2nd

トーキョーという大都会で、大麻を売人から買うのと、栽培するのとどちらが手間なのだろうか?そんな疑問がわく今日この頃。

仕事を早めに終えて、F-8Jは胴体および付属物の塗装。
例によってクレオスの千手観音で脚柱や各種ドア、パイロンなどをH316で塗装して、胴体の排気口を塗装。シルバーの上に、クリアーオレンジやブラックを吹き重ねて焼けた感じを出そうと思ったのですが・・・・
2007_1110f8e0001
今回、お試しにガイアの「スターブライトシルバー」を使ってみたのですが、輝きすぎです。クリアーオレンジなど重ね吹きしても不自然なまでの輝き。侮ってました、ガイアを。泣く泣くペイントリペアでふき取り、明日吹き直します。このシルバーは別の機会使用しましょう。

|

« 書評<実況席のサッカー論> | Main | F-8J Day3rd »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

こんばんは
いつもながらテンポ良く製作されてますね。
実に羨ましいです。
で、スターブライトシルバー。
確かにキラキラすぎる感がありますね。
私も以前、なにかの排気口周りに用いたことがありますが、
その時は、かなり薄く溶いた焼鉄色やスモークグレイを
クリアオレンジなどとともに重ねて吹いて、
無理やり落ち着かせた記憶があります(苦笑)

Posted by: BAEL | 2007.11.11 at 02:02

>BAELさん
自分は並べて楽しむタイプなので、とみに最近は多産傾向ですね。
シルバーは輝いてナンボ、とは思うのですが、なかなか難しいものです。

Posted by: ウイングバック | 2007.11.11 at 17:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<実況席のサッカー論> | Main | F-8J Day3rd »