« 書評<昭和のロケット屋さん> | Main | 書評<実証超科学講座 > »

RF-4E Completed

実質的に本日がblog始め。読者の皆様、本年もよろしくお願いします。
07-08の年末年始は数年ぶりで実家で過ごしたり、半端に仕事が入っていたりして、プラモ絡みの更新が滞っていたのですが、モロモロの過程をすっ飛ばしてハセガワ1/72RF-4EファントムⅡの完成画像を晒します。

5000機以上が生産されたマクダネル・ダグラスF-4ファントムⅡは多くのサブタイプが存在しますが、偵察型もその1つです。RF-4EはF-4E系のエアフレームを使用し、機首形状を変更して数機のカメラを搭載しています。単なる写真偵察だけでなく、IRセンサー、側視レーダーを搭載した”マルチ・センサー”偵察機としても画期的でした。
2008_0107rf4ej0004
航空自衛隊は1974年からRF-4Eを導入、14機を百里の501飛行隊に配備しました。F-4EJと違い、全機が輸入です。
2008_0107rf4ej0015
キットはハセガワ1/72のデカール替え限定品で、例によってシートベルトとピトー菅のみファインモールドの金属部品に交換したストレート組み。機首のクリアーパーツの合いも良く、RFならではの注意点は特になし。カメラ窓の面積が大きく、予想以上に内部が覗けてしまうため、カメラ部品をもう少しディテールアップしても良いのかと。
今回はリベットをかなり打った後、1000番でサンディングかけているのですが、一部がガタガタ。フツーに済ました方が良かったかも。
2008_0107rf4ej0002
塗装は501飛行隊の1994年開催の戦競参加機。”麒麟”、”白虎”、”朱雀”、”玄武”のうち、909号機”朱雀”をチョイス。フリーハンドと型紙を使った迷彩は例によって”似て非なるもの”。雰囲気は出てると思うので良しとします。当たり外れの大きいハセガワ純正デカールは今回は”当たり”でしたが、それでもシルバリングしてるところがいくつか。
2008_0107rf4ej0023
垂直尾翼の”お気楽キツツキマーク”が気に入らない、その1点で今まで作ったことのなかった空自のRF-4Eですが(笑)、朱雀マークのカッコよさで相殺。大規模災害のたびに”偵察活動”を続けているRF-4Eは、空自ファントムの中で一番実戦経験が豊富なのかも。
次も空自のファントムで行きます。ファントムだけは何機作っても飽きないなあ。
2008_0107rf4ej0016

|

« 書評<昭和のロケット屋さん> | Main | 書評<実証超科学講座 > »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

今年、初の完成品!おめでとうございます。
今度は迷彩時のマスキング画像をお願いします!

Posted by: おにへい | 2008.01.07 at 22:29

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年初めての完成品、おめでとうございます。
御実家に帰省したりお仕事をして、その合い間の短い期間で
大変美しく作ってますね~。
ガタガタとのことですが、全然そうは見えませんよ。
例会のとき拝見するのが楽しみです。

Posted by: Hood | 2008.01.07 at 23:27

あけまして完成おめでとうございまーす。
いいですね。空自ファントム。塗装も、吹きっぱなしの雰囲気が素晴らしいです。ぼくはこういうの、苦手なんですよ。(苦笑)
ファントムは何機作っても飽きないという、そのお言葉だけでモチベーションがグングン上がりましたよ。
ともあれ、本年もよろしくお願いします。

Posted by: カトー | 2008.01.07 at 23:45

おお、完成&明けましておめでとうございます!
あのRF系をいとも簡単に仕上げられるあたり、さすが経験者は違いますね。
迷彩塗装のボケ足も絶妙、いいモティベーションをいただきました。
こちらも明日には、ブリティッシュのヤツを仕上げます!

Posted by: Kazu | 2008.01.07 at 23:48

こんばんは
うおおおおおぉ!空自のRF、超イカス!
私もパワーを頂戴しました!
マッチのUKファントム、頑張ります。

Posted by: ドカ山 | 2008.01.08 at 00:57

おはようございます。
完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
RF-4EJの暗色迷彩と違って黄色系が入っているこちらの方が私個人的に大好きです。
例会で拝見できるのを楽しみにしています。

Posted by: mikami | 2008.01.08 at 10:05

 あけおめでゴザイマス。って早くも完成ですか。この朱雀号は5機の中で機首のマーキングが一番映えますね。百里航空祭で飛んでるの見てもコレが一番よく見えました。

>>ファントムだけは何機作っても飽きないなあ

 御意! ワタシは今年もやりますよ。(^^)

Posted by: KWAT | 2008.01.08 at 10:12

>おにへいさん
ありがとうございます。
あんまり参考にならないと思いますが、次回の迷彩のときは画像を掲載しますね。

>Hoodさん
ありがとうございます。
例会のときに、リベットの下手くそ具合を見ていただきます(笑)。

>カトーさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
吹きっぱなしで雰囲気が出ているように見えれば幸いです。自分は逆にきっちりと塗り分ける方が苦手だったりして。

>Kazuさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
RF系はクリアーパーツの管理に少し気を使いますね。
Kazuさんのブリティッシュファントム、機体してますよ。

>ドカ山さん
ありがとうございます。
まさに誰もマネできないドカ山流マッチのファントム、楽しみにしてますよ。

>mikamiさん
ありがとうございます。
RF-4EJやアメリカ空軍のヨーロピアン・ワンの暗色系迷彩よりも、こちらの方がメリハリがありますよね。タンは案外と隠ぺい力がある色なので、修正も割と楽でした。

>KWATさん
こちらこそ、よろしくお願いします。
近いうちに海軍の全VF飛行隊完成が見られるのでしょうか。それとも別のシリーズ?今から楽しみですね。

Posted by: ウイングバック | 2008.01.08 at 21:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<昭和のロケット屋さん> | Main | 書評<実証超科学講座 > »