« 書評<世界自動車戦争論 1> | Main | 書評<機関銃の社会史> »

CF-18A Day1st

本来、複数同時進行は苦手なのですが、SHSもせまっているので、持ち込み候補作に取り掛かります。
アカデミーの新作、1/72F-18Cホーネットを小改造して、このCF-18Aのアニバーサリー機に仕上げます。
Cf18
まずは例によって機体組み立てから。
アカデミーのF-18Cはアメリカ海軍の最新バージョンを再現しているので、コクピットのウインドシールド前のIFFアンテナと、機首側面の余分なアンテナフェアリングを削り落とします。
さらにF-18Cの幾つかの輸出バージョンには、不明機ID用のライトがポートサイドにあるのですが、これはアカデミーもバリエーションの発売を考えているらしく、穴のガイドおよびクリアーパーツが付属しているので苦労なくバージョン変更できます。
あと、コクピット背後もアンテナフェアリングのパーツ用の取り付け穴が開いているので、瞬着で埋めてやります。
2008_0413cf180004
それにしても、昔はカナダのホーネットをCF-188といっていたと思うんだけど、最近は海外のHP見てもCF-18Aになってるのね。いつからこうなったんだろう。フシギだ。

|

« 書評<世界自動車戦争論 1> | Main | 書評<機関銃の社会史> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

 ををを、今度はキレイなのが拝めるんですね。デカールはやぱしリーディングエッジ?

>>CF-18

 あれ、そうなの? と思ってCAFのサイトに行ったら、本家でもそう呼んでるんですね。いつの間に。
http://www.airforceimagery.forces.gc.ca/netpub/server.np?find&catalog=casimages&template=detail2_e.np&field=itemid&op=matches&value=965&site=casimages

Posted by: KWAT | 2008.04.14 at 02:02

>KWATさん
デカールはハセかフジミの流用でいこうかと考えています。
なので、デカールが修正できる範囲かどうかまだビミョーなのであくまで「候補機」です(笑)。

Posted by: ウイングバック@サボり中 | 2008.04.15 at 13:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<世界自動車戦争論 1> | Main | 書評<機関銃の社会史> »