« 書評<スプライトシュピーゲルIV テンペスト> | Main | F-4K Day1st »

CF-18A Completed

ボーイングCF-18Aホーネット”カナダ国防軍75周年記念塗装機”、完成しました。
2008_0504cf18a0021
カナダ国防軍(カナダ軍は組織上、単一の統合軍となっている)は海外のホーネット・ユーザーの中でも最初期にCF-188AとしてF/A-18を導入しました。当初はCF-188Aと呼称されていましたが、軍の公式HPにも現在はCF-18Aと表記されています。
本機は1999年に国防軍75周年を記念して塗装されたもので、数あるアニバーサリー機の中でも秀逸なセンスです。
2008_0504cf18a0015
アカデミーの1/72のF/A-18C新キットを小改造してCF-18Aを再現。キットはアメリカ海軍の最新版を再現しているので、①ウインドシールド前のIFFアンテナや機首側面の余分なフェアリングを削り、②ID用のスポットライト用の穴を開けてクリアーパーツを接着、③アンテナ類はC型の傾斜角がついたものではなく、角度のないものを選択してA型に戻します。クリアーパーツもアンテナもキットに付属しているので、待てばいずれはレガシー・ホーネット全種が発売されるのではないかと。あと、背中にアンテナフェアリングパーツ用の穴が開いているので、それも埋めます。
本当はLoneStar謹製のフラップダウンウイングに交換するつもりだったのですが、塗装が非常にやっかいそうなので主翼交換は次回に持ち越します。
2008_0504cf18a0027
デカールはハセガワの限定モデルのものを使用。インディブルー以外はデカールで済ませるつもりだったのですが、大面積のものはまったく合わないため、主翼とスタビレーターのライトブルー部分も結局塗装。おそらく、アカデミーのホーネットはハセガワのホーネットより、10%ぐらいは主翼面積が広いのではないかと。両方のブルーともデカール併用のため、デカールに合わせて調色しています。
2008_0504cf18a0009
今回は静岡持ち込み候補機ということで、ずっと温存していたキットのデカールをコンバートして最新キットに使うという、贅沢モデリング。自分としては、あんまり得意でない調色がキマッタだけで満足です(笑)。
そろそろ荷づくりも始めましょうかね。

|

« 書評<スプライトシュピーゲルIV テンペスト> | Main | F-4K Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

 完成オメでゴザイマス!sunairplane

 いやー手が速いなーカコイイなー。静岡でじっくりと拝見させていただきますよ。

 こちらはようやくデカール貼りにかかったとこです。まだまだ先は長いっす。

Posted by: KWAT | 2008.05.05 at 01:38

>KWATさん
ありがとうございます。
連休は暇なひとり者なので、思ったより早くできました。
シーキングさんも楽しみにしてますよー。

Posted by: ウイングバック | 2008.05.05 at 06:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<スプライトシュピーゲルIV テンペスト> | Main | F-4K Day1st »