« 第47回静岡ホビーショーに行ってきた その3 | Main | 陸自東千歳駐屯地記念行事に行ってきた »

F-4K Completed

実はSHS2008の遠征前にほぼ作業終了していたフジミ1/72F-4KファントムⅡ、ちょこちょこっと弄って完成です。
2008_0515f4k0001
イギリス海軍はF-4JファントムⅡに改修を加えたF-4Kを、PhantomFG.1として採用し、先代<HMSアーク・ロイヤル>に搭載しました。F-4Kはエンジンをロールス・ロイスのターボファン・エンジンに換装し、エアインティークや胴体後部などが拡大されています。<HMSアーク・ロイヤル>退役後は空軍に移管、長く現役にとどまりました。
2008_0515f4k0009
キットはヤフオクにて落としたフジミ1/72の金型改修前の古いキット。改修後に比べて胴体後部の補助インティークドアの位置とドアパーツの合いがおかしいのと、ジェットノズルの再現度が低くなっています。補助インティーク近辺の修正を除けば、ストレートで組む分にはサクサクと進めます。
2008_0515f4k0005
塗装はイギリス海軍の892sqnを再現。上面C333EDSG/下面C316ホワイトのいわゆるペンギン塗装です。
今回の問題はデカール。事前の情報から、キット付属のデカールが”ヤバイ”ことは分かっていたので、シルバリング防止のために全体塗装後にクリアーを何度か吹きつけ、クレオスの新しい液体コンパウンドで磨いて塗装面を”ツルツルお肌”に仕上げました。それでも厚く固いデカールは容易になじまず、幾つかの場所が失敗状態です。
2008_0515f4k0014
いつもなら乾燥後に半ツヤクリアーコートですが、せっかく磨いたのでツヤありでクリアーコートがけ。デスクトップ風の仕上げにしてみました。
2008_0515f4k0019
傷もぐれの主翼、変にピカピカになったりと、今回もあんまり人に見せれるものにならなかったのですが、個人的には非常に勉強になった製作でした。EDSGをどう自分の思う色にすべきか?無理にサーフェサーを使わないこと。カタログ的な仕上がりにする方法へのヒント。幸いなことに来月、フジミからこの892sqnのシルバージュビリー機が再販されるようなので、今回の反省を生かして塗装してみることにします。

|

« 第47回静岡ホビーショーに行ってきた その3 | Main | 陸自東千歳駐屯地記念行事に行ってきた »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成おめでとうございます。
これも静岡で見たかったですね。

つやつや仕上げもよろしいですね

Posted by: taki | 2008.05.25 at 07:12

>takiさん
ありがとうございます。
静岡にはギリギリ間に合わなかったです。
ツヤ、ちょっとクドイけど、たまには良いんじゃないかと思います。

Posted by: ウイングバック | 2008.05.26 at 09:09

うひぃー
ツヤツヤ、カコイイですね!!
たぶん実機もこんな感じのツヤ具合なんでしょうね。
どこかの誰かが作った同じカラーのマッチのヤツとは大違いです(苦笑)
良いものを見せていただいました。
有り難うございます。

Posted by: ドカ山 | 2008.05.26 at 12:20

>ドカ山さん
あるがとうございます。
いやいや、ドカ山さんの渋い仕上がりには勝てません。
実機は光の当たり具合で、これよりまだツヤっぽいんですよね。グロス塗装は難しいっす。

Posted by: ウイングバック | 2008.05.27 at 09:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第47回静岡ホビーショーに行ってきた その3 | Main | 陸自東千歳駐屯地記念行事に行ってきた »