« 書評<股旅フットボール> | Main | VF-1A Day1st »

F-4N Completed

ハセガワ1/72F-4NファントムⅡ"JollyRogers"、完成しました。
2008_0614f4n0004
アメリカ海軍で長く使われたF-4ファントムⅡですが、それゆえ多くのサブタイプが存在します。F-4Nは"ProjectBeeLine"と命名された寿命延長計画によりF-4Bを改修したもので、外形上の相違点はエアインティーク上部の棒状のECMアンテナぐらいですが、先行して生産されていたF-4Jの装備を多く取り入れています。
2008_0614f4n0015
キットはハセガワ1/72をいつも通りストレート組み。ただし、垂直尾翼のピトー菅をファインモールドの金属製に交換、同じくファインモールドのシートベルトをシートに追加しています。追加工作というほどではありませんが、胴体上部のリベットを全面的に打ち直し、垂直尾翼にもリベットを打っています。
2008_0614f4n0021
塗装は付属のカルトグラフのデカールを使用し、VF-84"JollyRogers"のCAG機を再現しています。グレーはクレオスC315、ホワイトはクレオスC316で塗装図指定どおり。自分の場合はいつも、ほぼべったり塗装してしまうのですが、気分を変えて先にパネルラインに吹いたブラックを残し気味にして、その後クリアーを吹いた後コンパウンドで磨いて”ややグロスな感じ”に仕上げてます。が、完成すると、いつもとあんまり変わらないっす(泣)。
2008_0614f4n0019
カルトグラフのデカール、作業中はまったく問題なかったのですが、乾燥すると細かいものがポロっと取れたり、いつの間にかシルバリングができていたり。やっぱり油断するとダメっすね。
2008_0614f4n0031
受け継がれる"Skull&Crossbones"。こーゆーのが好きなんです。比べて見ると、骸骨の表情が変わっていたりして、面白いですね。
今回、製作途中に、確かに何か進化を掴んだ気がしたんですよね。でも完成するとあんまり変わらない(笑)。ここらへんが模型製作の楽しいところであり、難しいところ。ということで、まだまだいきますよー。

|

« 書評<股旅フットボール> | Main | VF-1A Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

おおお、カコイイ。やはりジョリーのF-4は白ノーズに限る。F-4Jのときの黒ノーズはいけません。

なんかこれ1/32でいつか作りたいなあ。

Posted by: GRIP | 2008.06.14 at 20:32

 完成オメ!\(^o^)/ 黒地に白い骸骨は精悍でカコイイですなぁ。(*´∀`*)

 最後の写真ですが、そーゆーのをワタシはVF-31でやりたいと思ってましてん(ファントムだけ完成してますが)。でもVF-84と違ってファントム時代のVF-31はフェリックスが胴体に描かれてるのでしたよ。ううむ。

Posted by: KWAT | 2008.06.14 at 21:31

お久し振りです。
いいですねぇ~歴代の○○…って好きなんですよ~
ウィングバックさんもそんな趣味あったんですね?
え?模型趣味の人はそうなんですか?(笑

Posted by: おにへい | 2008.06.14 at 23:16

お疲れサマでした。
やっぱりVF-84はカコイイですね。
昔フジミのJ型で作ったことあります。
新しい試みが上手く行ったときはホントに嬉しいものですが、上手く逝かなくても確実に前進はしていますよ。
お互い頑張りましょう。

Posted by: ドカ山 | 2008.06.14 at 23:40

おお、カッコいいです!
完成おめでとうございます!
ファントムもいいですねえ、また作ってみたくなります。
僕が申し上げるのもおこがましいですが、ウイングバックさん、着実に進化してると思いますよ。
これからも、皆さんにいい刺激を与えてください!

Posted by: Kazu | 2008.06.15 at 06:14

>GRIPさん
こんばんは。
自分もこれまで白ノーズ作ったことなかったですが、これはイイですね。1/32でのファントム、見たいですねえ。

>KWATさん
ファントムはいろんなところがキャンパスになるので、同じマークそろえようとすると、案外難しいですよね。
てゆうか、専門誌で掲載されている垂直尾翼が並んだ写真、どう撮ってるんでしょうね?ピントが合わないっす。

>おにへいさん
こんばんは。プラモ作る人はたいてい”伝説”とか好きですよね。僕もその例外じゃないです(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2008.06.15 at 18:24

>ドカ山さん
励ましの言葉、ありがとうございます。
スタイルというほどのことはないんですが、パターンを抜け出すのは難しいですね。
別件ですが、プラネットダンスがんばりましょうね。

>Kazuさん
ありがとうございます。
Kazuさんの情報量の多いファントムもまた見たいですねえ。
皆さんのモチベーションを上げる一翼を担えれば、これほどうれしいことはないですよ。

Posted by: ウイングバック | 2008.06.15 at 18:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 書評<股旅フットボール> | Main | VF-1A Day1st »