« 50万ヒット御礼 | Main | VF-1A Day2nd »

2008.06.30

書評<空の中>

四国沖の空自訓練海域にて、オールジャパンで開発中だったリージョナルジェットと、空自のF-15Jイーグルの墜落事故が発生する。F-15Jの事故の際にかろうじて生き残ったパイロットは、そこに未確認飛行体を確認していた。彼女は、リージョナルジェットの事故調査にあたっていた調査員とともに、未確認飛行体との接触に成功する。
一方、空自の事故で父親を失った少年も、奇妙な生物を拾う。その生物は、父親の事故の際に未確認飛行体から剥がれ落ちたものだった。2つの事件は、やがて交差していく。


文庫でけっこうなボリュームだが、4時間弱で一気に読み切ってしまった。舞台となる”空の中”や空自の基地などの正確な描写でリアリティを高めながら、魅力的なキャラクターがストーリーをどんどん動かしていくので、物語の中ににどんどん引き込まれていく。
ストーリーの柱になるのは”コミュニケーションによるお互いの理解不足の解消”だ。まさしくツンデレと呼ぶに相応しい女性イーグルライダーと、表面は軽薄だが芯のある男。全と個の概念を持たない生命体と、ややこしい集団の中で生きている人間。どこかですれ違ってしまった幼馴染み。肉親を失い、お互いを許すことのできない母と娘。物語が進んでいくにつれて、それぞれの関係が徐々に近づいていくのが、妙に心地よい。

それと、物語の舞台の1つの高知の方言が良いんだよなあ。女の子が都市で出てきて、よそいきの言葉でしゃべっても、どこかに残る方言がちゃんと再現されてるんだよなあ(東京の人には分んないかも)。ホント、著者の本が売れるのも納得です。

初版2008/06 角川書店/角川文庫。

« 50万ヒット御礼 | Main | VF-1A Day2nd »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

 なんか面白そう的。角川文庫のスヌーピーブックカバー目当てに買ってみようかしらん(笑)。もう1冊は「知っておきたい日本の神様」にでもしておきませうか。(゚∀゚)

>KWATさん
じゃ、自分は友達の子供用にケロロ軍曹のカバーで(笑)。

 ようやく本日買いました。いつ読むのかは本人にも判りませんが(爆)。店頭で棚を見てて、作者の人が「図書館戦争」の人だってことにようやく思い至りました。(^^ゞ

 帰って本棚を見たら、先に買った池上司の「無音潜航」にもこのキャンペーンの帯が巻かれてましたよ。無理に2冊買うことなかったですな。orz

 で、さっそくブックカバーの応募をしましてん。携帯かハガキのみなのでもちろん携帯でやったんですが、これがまた七面倒くさい。メールの受信設定もいるし数字をやたらと打ち込まなきゃならんし。帯のID番号欄の脇にあるQRコードでそのまま携帯サイトのトップページに行かせてくれりゃいいのに。

>KWATさん
最近のケータイつかった懸賞って、やたら認証やら手続きやらメンドイですよね。
セキュリティ重視なのも分かるけど、じゃあQRコードの意味がないですよね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<空の中>:

« 50万ヒット御礼 | Main | VF-1A Day2nd »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ