« F-4J Day5th | Main | 映画<スカイ・クロラ>を見てきた »

2008.07.31

書評<ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ >

マンガ「ブラック・ラグーン」の小説版である。オリジナル・ストーリーを展開し、エピソードとしては原作の4巻あたりか?イラストは原作本人、文章の書き手も名の通った作家さん(自分は未読)で、マンガのノベル化という面でいけばまったく破綻がないし、ロックたちが日本を訪れたときのエピソードの序段として、うまくつながっている。
ただ、当り前のことだけど、マンガとノベルは違うんだよね。主人公たちラグーン商会が追う主敵はアフガン帰りの元スペツナズで、彼の登場シーンはひたすらヘビー。それに対して、道化役というかギャグ担当として”ニンジャ”が登場する。これが個人的には気に入らない。シリアス場面に道化を挟まれると、感情移入が崩れる。ストーリーがブツ切りになっている気がするんだよね。たぶん、同じストーリー展開しても、マンガで1コマ、2コマ挟む分には気にならないんだと思うし、それが「ブラック・ラグーン」だと思う。
そういうわけで、2作目があるならマジモード一辺倒のノベル化を希望します。

初版2008/07 小学館/ガガガ文庫

« F-4J Day5th | Main | 映画<スカイ・クロラ>を見てきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ >:

« F-4J Day5th | Main | 映画<スカイ・クロラ>を見てきた »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ