« 書評< 四十七人目の男> | Main | 書評<シー・パワー> »

2008.07.06

VF-1A Day3rd&4th

洞爺湖サミット開催に伴い、札幌はあちこちで急に検問したり、通行止めになったりとたいへんです。
自分も市内を運転中、VIP警護訓練のスカイラインとクラウンの車列に出会いました。ドアから身を乗り出して、強引な割り込み。ハコ乗りしてる人間なんて、20年ぶりに見た。

そんなことには関係なく、週末はVF-1Aの塗装作業。
まずは土曜日。
2008_0705vf1a0003
全体の基本塗装。塗り分けやマスキングが多く、色数の割には時間がかかります。
どう塗装しようかちょっと迷ったのが脚とスーパーパックのノズル。他の人はどうするのか分かりませんが、自分の場合、ノズルをマスキングをしてから脚とスーパーパックのパーツに挟み込み、サンディングした後、機体色を塗装。乾燥してマスキングテープを引っ張り出します。
ホワイトはクレオスのクールホワイトを使用。今、メインの溶剤はガイアを使っているのですが、なんか濃度調整が難しくて、GXシリーズとはどうも相性が悪いみたい。純正のレベリングうすめ液と使い比べる必要がありますね。
そして日曜日。
2008_0706vf1a0005
エアインティークのグレーなど、細かいところをエアブラシで塗装。スミ入れした後、さらにクリアー部品など筆で塗り分けて、デカール貼り付けの邪魔にならないぐらいまで組み立て。
今回は飛行状態にするので、珍しくパイロットを乗せています。パイロットはマクシミリアン・ジーナス。武装は反応弾とミサイルポッド。核兵器搭載の模型作るの、初めてです。

« 書評< 四十七人目の男> | Main | 書評<シー・パワー> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VF-1A Day3rd&4th:

« 書評< 四十七人目の男> | Main | 書評<シー・パワー> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ