« F-4J Day2nd | Main | 静内駐屯地記念行事に行ってきた »

VF-1A Completed

ハセガワ1/72VF-1Aスーパーバルキリー、完成しました。
2008_0713vf1a0013
ガンダムとともに連綿と続くメカアニメの一方の雄、「超時空要塞マクロス」。”美少女とメカを等価に描いたアニメの始祖”と言われますが、マクロスとはバルキリーだ、と言い切る人も多いのもまた事実であり、自分もその一派です。しかしながら、自分が田舎の小学生高学年だった当時はまだガンプラブームをひきずっており、友達の多くがバンダイのMSVシリーズを製作、イマイのバルキリー派は自分を含めて少数派でした。そんな中、夏休みに横須賀から従兄弟が遊びに来て、彼がバルキリー派だったことから、「やはり都会ではバルキリーが主流なんだ」とほくそ笑んだのもいい思い出です。
2008_0713vf1a0005
キットはハセガワ1/72をストレート組み。映画版のマックス使用機を再現しています。大気圏外専用ブースターを装着した姿に脚は不釣り合いだと感じたので、ハセガワの簡易スタンドを使って飛行状態にしています。センターラインに圧着するスタンドなので、とりあえずガンポッドはオミット。反応弾とマイクロミサイルポッドは武器セットからチョイス。ずーっと、この搭載形態が”決戦仕様”だと思っていたのですが、こないだDVD見て確認したら全く逆の”オープニング仕様”でした。決戦で反応弾使ったのは、TVシリーズですね。
2008_0713vf1a0022
ハセガワのキットは「飛行機メーカーがデザインするバルキリー」ということでかなりの話題となり、自分も発売時は喜んだものです。しかし冷静に見ると、ヒケが多くてサンディングで平面を出すのに苦労するし、塗り分けをあまり深く考えずパーツ割りされていたり、やはりバンダイあたりとは違いを感じます。
2008_0713vf1a0010
HME2008までにファントムをもう1機と思っていたので、スケジュール上、特急で製作。なのでかなり”角度美人”です(笑)。ですけど、飛行状態にしたのは大正解。ショージ・カワモリの描く機首の流麗さがより味わえます。
今放映されている「マクロス・フロンティア」のVF-25はバンダイから完全変型版が発売されるようですが、変形機構オミットして”ラインを楽しむ”モデルも発売してほしいものです。

|

« F-4J Day2nd | Main | 静内駐屯地記念行事に行ってきた »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成おめでとうございます。 今回の娘フロ祭り完成一番乗りでしたね(笑)

しかしこうしてみるとやはりハセガワの飛行機モデルですね。 バンダイだったら作りやすい代わりに、ここまでシャープなラインにはならないでしょう。 フル装備って事で迫力もあるし。

VF-25が発売されたらみんなで作りましょうね(笑)

Posted by: あるば | 2008.07.14 at 21:56

>あるばさん
ありがとうございます。
いわゆる”バンダイ・エッジ”のことだけを考えても、シャープさなら負けないでしょうね、ハセガワ。ただ、その神通力が失われつつあるような気もします。アカデミーあたりには負けてほしくないのですが・・・。

Posted by: ウイングバック | 2008.07.15 at 19:27

完成おめでとうございます、こんばんわ
ノーズのラインがかっこいいなあ。
いつかガウォークが出たら、と思いつつ
案の定出ないので永遠に作らないだろうアイテムとなりそうでw

というか、映画版マクロス冒頭の迎撃戦は
反応弾だったのか、と初めて知った事実。

フォッカーさんが酔っ払いながら土星の輪をふっ飛ばしていたのは反応弾だったろうな、とは思ってましたけど。

ところで、
人気アイテム→なぜか慌てて作ってる→オヒオヒな出来
というハセガワのバッドストリームはいつ改善されるんでしょうか?

飛行機愛はアカデミーなんぞに決して負けないはずなのに(;>ω<)

Posted by: Mach0.9 | 2008.07.15 at 20:13

>Mach0.9さん
ありがとうございます。
古い映画はなぜか思い込んでいるものと違うときがありますよね。

アカデミーのF-18やF-16あたりと比べると、最近のハセガワはちょっと負けている感があるのは否めません。90年代にあった技術が失われつつあるのか、なんて思ったりもするのですが・・・。

Posted by: ウイングバック | 2008.07.16 at 09:02

完成おめでとうゴザイマス。
やっぱりスーパーパック付きはかっこいいですね。
VF-0と比べるとラインや造型が整理されていて
シンプルな形状が良くわかりますね。
必ずや来襲するであろう、巨人族との戦闘の
ために大急ぎで大量生産する必要ゆえに
工数のかからない形状としたのでは・・・
という設定が成立しそうです。
VF-1の魅力を再認識しました!

Posted by: ドカ山 | 2008.07.17 at 23:11

>ドカ山さん
ありがとうございます。
そんな設定があったんですね。確かに、そういう目で見るとVF-0はかなりSFしてますよね。こっちは空力重視の実機に近い。
うーん、やっぱりVF-0も欲しくなってきたなあ(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2008.07.18 at 14:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/41825460

Listed below are links to weblogs that reference VF-1A Completed:

« F-4J Day2nd | Main | 静内駐屯地記念行事に行ってきた »