« 書評<サッカー戦術クロニクル> | Main | 書評<生命と非生命のあいだ> »

2008年度千歳基地航空祭に行ってきた

2008年千歳基地航空祭に行ってきました。
2008_0810chitose0415
これはブルーインパルスの演技の写真ですが、御覧のように天候に恵まれ、F-15JとF-16CJの機動飛行、ブルーインパルスの展示飛行とも垂直科目まで見ることができました。
さて、毎年のように参加機をアップするのも何なので(年々、バリエーションも少なくなってきてるし)、今年買い換えた高倍率ズームできるコンデジの便利さと限界に着眼点をおいて写真をアップしていきます。
まずは救難展示のUH-60Jと、通過飛行の政府専用機。
2008_0810chitose0175

2008_0810chitose0209
動きのある写真を、とがんばったのですが、このへんが限界点。機速にして150kmぐらいがズームで追える限界点でしょうか。
それと救難展示、なぜか千歳のブルーの迷彩のUH-60Jではなくて、この記念塗装機が飛行。迷彩機の方が、コンバット・レスキューぽくっていいと思うのですが。
さらに、観客席の向こうで行われたF-15Jの武器搭載・緊急発進の作業展示と、ブルーのウォークダウンのアップ。
2008_0810chitose0230

2008_0810chitose0362
T-4のキャノピーにいっぱい配線がくっついてますね。こういうふうに観客の頭の隙間を狙ってアップをとる分には、ズームが役に立ちます。
次にプラモ製作の参考になりそうな写真。
2008_0810chitose0347

2008_0810chitose0356
某所の掲示板で「AIM-120のウイングは黒鉄色」というのを見かけて以来、ちょっと気になっていたのですが、AIM-7Fスパローは少なくともグレーではなくて金属色ですね。逆にAIM-9Lサイドワインダーの弾頭部分はブラックではなくて濃いオリーブドラブっぽいでしょうか?大スケールで効いてきそうなところです。
次にF-15Jイーグル関係の部分アップ。
2008_0810chitose0008

2008_0810chitose0021_2
いつだって悩みどころのジェット・ノズルは、”磨きこまれた”金属の感じ。ギラっというよりも、キラっというような・・・。その周りのシルバーの部分も、焼けた感じはダイバージェントノズルの直後だけですね。
ACSⅡ射出座席のクッションはあずき色ですよ!奥さん(なんでだ)。
F-15Jの搭載兵器展示ではこんなところも開けてくれてました。
2008_0810chitose0136
M61A1バルカン砲の固定部分。F-15Jの中はいわゆる機内色ではないんですね。
その他、個人的に気になるもの。
2008_0810chitose0087
美保基地のYS-11は「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボ。地元に住んでいる身内に聞くと、これしか観光資源がない、というくらい水木しげるがプッシュされているそうなので、むべかるかな。そういえば、千歳市の市制50周年のステッカーがあちこちに貼ってありましたね。自治体あっての自衛隊。
2008_0810chitose0083
入間のC-1は後部扉を開けてくれてました。ついでに、中を見せて欲しかった。
2008_0810chitose0040
海自のP-3Cはいつの間にかいろんな出っ張りがついてるのよね。すわ特殊装備かと思い聞いてみると、アップデートの違いがいろいろあるみたい。それよりも早くSH-60Kを持ってきてください。
2008_0810chitose0321
今年度をもってF-2との機種更新を完了する8SQのF-4EJ改。そうなると、千歳の航空祭へのファントムの派遣が継続されるなら、那覇から百里に移動する302SQから派遣になる。尾白大鷲が千歳に帰って来ることになるのかも。

最後に、ブルーの演技中に撮れた比較的マシな写真。
2008_0810chitose0435
デジイチと違ってズームもピントも自動が基本なので、ウィンウィンとレンズが動き、SDカードの残量よりも2個持っていったバッテリーがピンチの有様。みんなデジイチを欲しがるのも分かります。しかし、カメラって趣味も無間地獄っぽいんだよなあ。

というわけで、極私的な千歳基地航空祭のレポート終了。MMDの皆様もお疲れ様でした。来年も快晴でありますように。

|

« 書評<サッカー戦術クロニクル> | Main | 書評<生命と非生命のあいだ> »

自衛隊イベント」カテゴリの記事

Comments

オオ!千歳基地に行かれましたか。
ブルーインパルスは、昨年、栃木県にある「ツインリンク茂木」での「インディジャパン」でもフライトしてましたが、これが最後にみて以来は一度もないです。

ちなみに小生は、千歳に行きたかったのですが、横田基地の日米友好祭と同月のため、有給がとれませんでした。今月23・24日参加を優先させたのです。今年は確か、二年に一度の丘珠航空ページェントがある年でしたね。

日本政府専用機で、航空自衛隊が所有するジャンボのフライトがみれるのは、千歳基地ならではですね。よく撮れています。

こちらの関東では、フライトがほとんど見れないため、地上展示中心が多いです。横田では以前、米海兵隊のAV8Bハリアーが展示されていたようですが、最近は来なくなり、機体展示もここ数年、同じものでマンネリ化してるよなーって、残念がっていたマニアもいました。
せめて「F-22」「F-15E」とか来いよー!って言いたくなります。両機種は日本ではなかなか見られないので。

9月は私用で札幌に行く予定です。まだ予定ですが、9月といえば、原子力空母・ジョージ・ワシントンが横須賀に入港しますので、一般公開はあるのかどうか、まだ情報はないです。

4・6の厚木に行ったとき、空母キティホークの一般公開が予定されていたのに、米兵の犯罪事件の影響で中止になったのは、非常にク・ヤ・チ・イですね~。

あと9月には三沢基地のイベントがあります。

Posted by: きよかず | 2008.08.12 at 10:45

>きよかずさん
千歳もF-18が飛来予定でしたが、ドタキャン。原油高騰の影響なんでしょうかね。飛来機が減るのはさみしいものです。
G.W、来日早々にも一般公開があるといいですね。

Posted by: ウイングバック | 2008.08.12 at 18:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/42127457

Listed below are links to weblogs that reference 2008年度千歳基地航空祭に行ってきた:

« 書評<サッカー戦術クロニクル> | Main | 書評<生命と非生命のあいだ> »