« 書評<ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ > | Main | F-4J Completed »

2008.08.02

映画<スカイ・クロラ>を見てきた

押井守監督の新作<スカイ・クロラ>を見てきた。

テクノロジー・レベルはおそらく1960年代。しかしながらタービン・エンジンは実現していない架空の世界。民間会社がショーとしての戦争を戦い、人々はブラウン管を通して戦争が何たるものかを感じながら、平和を維持している世界。そして、その戦争の担い手が、キルドレと呼ばれる思春期から年齢を重ねない”子ども”のパイロットたちである。主人公、カンナミ・ユーイチは小さな基地に配属されたパイロットである。その基地司令はクサナギ・スイトという名の同じくキルドレだった。戦闘を繰り返しながら、ユーイチは謎が多い彼女との距離を縮めていく。

以下、ネタバレありで感想。自分は押井守信者なので、割り引いて読んでください。

まずストーリーから。カントクの作品としては例外的にメッセージが明確に伝わる作品である。なにせ原作でさえ言外に匂わせるだけのメッセージを登場人物たちが明確に伝えてくれる。少なくともブラウン管の中ぐらい、戦争をしていないと平和を実感できない世界と、それを構成する大人たちの愚かしさ。”永遠に繰り返す日々”を演じる”永遠に思春期の子供たち”の苦悩。今の現在の日本には「いつまでも子供でいたい若者」と「いつまでも子供でいてほしい親」で溢れているが、それが本当に実現すれば、いかなる葛藤が待ち受けているのか。監督が「若者たちへのメッセージ」というのも納得である。
次に作画。原作のハードカバーの表紙は「様々な色の空」だが、本作も徹底的に空の色にこだわっている。映画館から出たあとに空を眺めてみたが、現実の曇り空の方が、圧倒的に情報量が少ないと思えるほどだ。空中戦の描写も凄まじい。全体として”飛行機を追う別の飛行機のカメラ”とパイロット・ビューで構成された映像は迫力に溢れ、”キメ”のシーンはスローモーションになるサービスぶりだ。個人的にはやりすぎの感がなくもないが。
総じて、エンターテーメントとして優れた作品に仕上がっている。やはり、カントクには別のシナリオライターがつくべきであることの証明だ。


ただね、観客動員的にはたぶんツライことになりそう。郊外のシネコンで土曜日の真昼間から見る映画では確かにないが、公開初日である。なのに悲惨なほどにガラガラ。宣伝効果って、あんまりなさそうだね。


« 書評<ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ > | Main | F-4J Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

娯楽性の高い佳作(傑作ではない)と思うんですが、
観客動員では苦戦してますねー。

『エヴァンゲリオン』や『もののけ姫』以降、
観た後に「結局、どんな話だったんだ?」と思うような説明不足のアニメが多い中、
本作はわかりやすく作られています。

>つけめんデリックさん
こんばんは。
最近のカントクの作品にしては珍しく、画ではなくストーリーが印象に残る作品でした。
ただ、今どきの浮動客を呼ぶほどには、ナンパにできてないんですよね。難しいところです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画<スカイ・クロラ>を見てきた:

« 書評<ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ > | Main | F-4J Completed »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ