« F-15C Day1st | Main | 書評<日本に足りない軍事力> »

F-15C Day2nd

札幌といえど残暑が厳しい中、F-15Cの次の作業はペーパー掛けで消えた凹彫りの彫り直し。
今回は新ツールのお試し。HME2008で販売されていたBMCさんのタガネ(0.15mm)を使ってみました。”タングステンの逸品””日本の職人技””限定品”という謳い文句に負け、参加したMMDのメンバーのほとんどが買ってしまったものです(笑)。
2008_0907f15c0004
普段はハセガワのトライツールのケガキ針とエンクレーバーを使っていますが、それと比べると確かに切れ味は抜群です。薄いテンプレートだとテンプレートを巻き込んでガリガリやってしまうほどなので、写真のように厚いダイナモテープの方が相性がいいようです。とはいえ、魔法の道具ではないので、「焦らず、浅く何度もスジ彫る」基本はかわりません。それができれば苦労はないのですが。
それと、今回はアイリスのレジン製のノズルを使う。リッチ・モデリング。
2008_0907f15c0007
これは精密さへの追及というより、キットのノズルの組み立てがあまりに面倒なためです。だって、キレイな円形になんないんだもん(泣)。このアイリスのノズルでも、ダイバージェント・ノズルのアームを接着するのに1時間かかりましたが。

さて、来週末はエアブラシ吹く気分になるくらい、気温と湿度が下がってくれることを祈ります。

|

« F-15C Day1st | Main | 書評<日本に足りない軍事力> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。

BMDタガネは良さそうですね。 噂に聞いて私も一度使ってみたいとは思ってるんですが、いつも売り切れで未だに買えないでいます(苦笑) でもやはりスジボリの基本は変わらないんですね(^^; そのうち詳しい使用感を聞かせて下さい。

Posted by: あるば | 2008.09.07 at 22:53

>あるばさん
本文にも書きましたが、切れ味はさすがです。展示会会場では数量限定品扱いだったんですが、HP見るとウソではなかったんですね。

Posted by: ウイングバック | 2008.09.08 at 12:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/42405563

Listed below are links to weblogs that reference F-15C Day2nd:

« F-15C Day1st | Main | 書評<日本に足りない軍事力> »