« F-22A Day2nd  | Main | F-22A Day3rd »

2008.09.26

宇宙海兵隊ギガーズ

宇宙海兵隊ギガース 2 (2) (講談社文庫 こ 25-17)

宇宙海兵隊ギガース 3 (3) (講談社文庫 こ 25-18)

人類が木星圏まで進出した近未来。核融合の技術力と、厳しい環境の中で生まれた宗教を背景に、木星圏は地球圏からの独立を要求。地球圏はこれを拒否し、独立戦争が生起することとなる。
海兵隊に所属するエドワーズは、ヒュームスと呼ばれる人型兵器を操り、木星圏の新兵器と戦う。

リアルな宇宙空間戦闘とは、まず敵よりも軌道要素と戦わねばならず、まして惑星間ともなると、交戦は軌道が交差する一瞬だけである。こうした物理を無視しない戦闘シーンと、戦争の原因を探るミステリーを組み合わせた、バランスが取れたSFだ。一応、統合政府が成立しているものの、従来の組織の悪癖を引きずる地球側と、様々な事が革新的な木星側の対比や、唯一の超常要素である"サイバーテレパス"の存在など、設定も練られている。不満点は、登場人物にイマイチ個性が欠けることか。
"ガンダムタイプ"の物語に、宇宙の厳しさを加えたらこうなる、と言うと、著者に怒られると思うが、それだけスタンダードで、安心して読める物語である。

初版2008/07 講談社/講談社文庫

« F-22A Day2nd  | Main | F-22A Day3rd »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« F-22A Day2nd  | Main | F-22A Day3rd »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ