« 書評<属国の防衛革命> | Main | F-22A Completed »

2008.10.16

書評<詩羽のいる街>


とある地方の、日本のどこでもありそうな街。この街が特別なのは詩羽という女性がいること。街の人たちをつなぐことによって、どこにも家を持たず、お金すら持たずに生きている詩羽。そんな彼女と出会った人々の目線で、詩羽によって変わる人、変わる街が描かれる。


物語は、詩羽が子供たちがコレクションするカードのトレードを仕切るところから始まる。三角トレードどころではなく、集まった子供たち全てに満足がいくように仕切る詩羽。それを小さな街に拡大するとどうなるか?著者は愛や正義といった大義名分ではなく、実利によってまとまる街の姿を描きたかったのだと思う。サイエンスに社会学まで含めるなら、著者が言うように確かに立派なSFだ。
物語は複数の人たちのエピソードが集結していく形で進むが、それは概ね現実の事件を基にしている。ネットの中で繰り広げられる中傷。ゆがんだ悪意。果てはオタクたちをターゲットにした祭りまで。それに対して、詩羽が代弁する著者の考えは、オタク近辺にポジションする人なら概ね納得すると思う。だが、それに素直に共感するか、説教くさいと思うか。人としてのひねくれ度が分かる物語だ。

初版2008/09 角川グループパブリッシング/ハードカバー

« 書評<属国の防衛革命> | Main | F-22A Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<詩羽のいる街>:

» [本]どこをどう切っても山本弘しか出てこない小説 [昨日の風はどんなのだっけ?]
詩羽のいる街-山本弘 - 猫は勘定にいれません ミリタリーマニアの生きる道: 書評<詩羽のいる街> 山本弘のインナースペース。 - Something Orange とりあえず書評を三つですが、僕も読みましたが、もうどこをどう切っても、どのページも山本弘しか書かれていない、「山本弘... [Read More]

« 書評<属国の防衛革命> | Main | F-22A Completed »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ