« 書評<鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実> | Main | 本日の衝動買い 081023 »

2008.10.23

書評<アイの物語>


わずかな数の人類が、ゆるやかな滅びの時をおくる未来の地球。それは人間に背いたアンドロイドたちとの戦争の結果であった。
荒廃した地球で、”語り部”と呼ばれて村々を旅する少年が、アンドロイドに捕まるところから物語は始まる。そのアンドロイドは、少年に物語を語り始める。決して、真実の歴史ではないと告げて・・・。


以後、ネタバレありで感想を。
本書でアンドロイド・アイビスが語るのは、AI(人工知能)の進化の物語である。それは、まず子供相手のおもちゃの延長であったAIを取り上げた物語から始まり、やがて人類の言葉では表記できない複雑な感情を持つAIたちの物語になっていく。その組み立ては見事としかいいようがない(最終章は特に、よくよく考えて一言一句が組み立てられているのがよく分かる)。
そして本書で著者が語ろうとしていることは2つ。
1つめは人の愚かさ。AIたちは常に論理的であろうとする。すべての人が論理的であろうとするなら、その帰納するところは”共存”しかありえないのに、人類は争いをしかけ、差別し、感情にまかせて行動する。論理的であれば、”人類に反旗を翻す”なんてことは、ありえないのだ。
2つめはフィクションの力。”良識的な人たち”は過剰に”実話”を求める。なぜアプリケーションやネットの中には、”真のコミュニケーションがない”と決めつけるのか?人の心を動かす力があれば、フィクションであろうとノンフィクションであろうと関係ない。
この2つのことを中心として、その他様々なテーマを取り上げながら本書は紡がれる。マン・マシンインターフェイスが、マン・マンインターフェイスを上回り、やがてマシン・マシンインターフェイスになっていく物語。著者のテーマがうまく織り込まれた、一級のSFである。

初版2006/06 角川書店/ハードカバー

« 書評<鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実> | Main | 本日の衝動買い 081023 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<アイの物語>:

« 書評<鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実> | Main | 本日の衝動買い 081023 »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ