« 書評<情報革命バブルの崩壊> | Main | <となりの車線はなぜスイスイ進むのか?> »

書評<「海洋国家」日本の戦後史>


タイトルにはちょっと偽りありで、何の工夫もなしにいうなら「戦後のインドネシアと日本の関係」というところだろうか。太平洋戦争後、日本の侵略と撤退を契機とした東南アジアの国々の独立へ動きと、それに呼応した日本の外交を、インドネシアとの関係を軸に追っていくものである。

東南アジア地域は”南進”した日本の撤退後、独立の気運が高まったが、民衆の望みとは関係なく宗主国は”帰還”を果たした。しかしながら、かつての植民地に高まった”独立への熱”は醒めることなく、それを押しとどめるのは難しい状況になっていた。それは当事者どうしだけの問題ではない。独立を許すにせよ、東南アジア地域のプレゼンスを失いたくない宗主国、共産主義のドミノ倒しを恐れるアメリカ、ソ連との対立の中で影響力を強めようとする中国と、地域のプレーヤーたちはそれぞれの思惑を持ってうごめく。そして日本。回復した経済力をもとに、そのゲームに参戦することになる。

第2次世界大戦後の独立を巡っては、それぞれの地域・国の数だけ、様々なドラマがあったのだろう。本書はその”インドネシア編”ともいえる。上記の複雑な状況の中、イデオロギーを棚上げにして国内開発を優先するという
”非政治化という政治手法”をもって、かの地に再び”南進”した日本。アメリカという圧倒的な力の影響を受けながらも、それなりに独自外交を進めていたことが分かる。
イデオロギーが熱い時代の歴史の面白さが味わえる著作である。

初版2008/06 筑摩書房/ちくま新書

|

« 書評<情報革命バブルの崩壊> | Main | <となりの車線はなぜスイスイ進むのか?> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/43222121

Listed below are links to weblogs that reference 書評<「海洋国家」日本の戦後史>:

» [ニュース][本][歴史]アジアの海の地政学 [昨日の風はどんなのだっけ?]
「海洋国家」日本の戦後史 (ちくま新書)宮城大蔵 by G-Tools ミリタリーマニアの生きる道: 書評<「海洋国家」日本の戦後史> いま図書館で『東インド会社とアジアの海』という本を借りて読んでいるんですが、前後はどっちでも良いので、続けて読むと東アジアや東南アジアの... [Read More]

Tracked on 2008.11.28 at 04:24

« 書評<情報革命バブルの崩壊> | Main | <となりの車線はなぜスイスイ進むのか?> »