« 書評<平成宗教20年史> | Main | 書評<ハーモニー> »

2008.12.25

書評<サッカーとイタリア人>


いうまでもなく、イタリアはカルチョの国である。また、都市国家の集合体というイタリアという国の成り立ちから、サポーター同士の”戦い”も熱い国である。本書はイタリアの各都市のクラブチームの歴史を辿りながら、イタリアのサッカー事情を解説する。

大ざっぱなタイトルで内容がむしろ分かりにくいが、イタリアにおけるダービー・マッチの魅力を解説した本といっていいと思う。ヨーロッパは各都市の対抗心が強いため、日本と比べてホーム&アウェイの有利・不利が現れるが、イタリアの場合はむしろ、同じ都市にあるチームが対決するダービーマッチの方にカルチョの歴史が反映されている。長い歴史の中で、常にトップ・リーグで敵同士のチーム。都市に君臨する古豪を打ち倒した新興チーム。外国人が影響を色濃く落としたチームなどなど。長い歴史と民族性ゆえ、数多くのドラマが積み重なり、ダービー・マッチが開催される。

というわけで、本の内容は悪くないのだが、前記したように、もうちょっとタイトルのつけ方に工夫が欲しい。”サッカーとイタリア人”というなら、むしろ昨今の審判買収事件など、カルチョの闇の部分を明らかにする方が、読者の興味をひくと思うのだが。

初版2008/12 光文社/光文社新書

« 書評<平成宗教20年史> | Main | 書評<ハーモニー> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<サッカーとイタリア人>:

« 書評<平成宗教20年史> | Main | 書評<ハーモニー> »

My Photo
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter


無料ブログはココログ