« 書評<機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー> | Main | F-16E Day1st »

F-4EJ Completed

ハセガワ1/72F-4EJ改ファントムⅡ、完成しました。
P1020386_640
東西冷戦の終結後、先進国間の正規戦勃発の可能性が遠のき、兵器の寿命が延びている昨今、F-4ファントムⅡも初飛行から50年を超えて各国で現役にあります。とはいえ、その減勢が止まったわけではなく、空自でも今年度末で第8飛行隊のファントムが引退を迎えます。
P1020399_640_2
その第8飛行隊から、いわゆる”青ファントム”をチョイス。ハセガワの限定版をピトー管およびシートベルトをファインモールド製の金属部品に交換する以外はストレートで組んでいます。一部の機体に実施された洋上迷彩はC72ネービーブルーにコバルトブルーを添加、C14ネービーブルーにエクストラダークグレーを添加し、ややコントラストを強調して吹き付けています。
P1020392_640
武装はASM-1およびASM-2のPTM弾。ASM-1はターミナル(終末)がアクティブ・レーダー・ホーミング、ASM-2はターミナルがIRホーミング、単純にASM-2がASM-1の後継ではないとのことで、1発ずつ搭載してみましたが、実際にこのような訓練形態があったかどうかは未確認なのであしからず。
P1020389_640
ロングノーズ・ファントムを年始以来、連作しましたが、それぞれの迷彩、搭載兵器、ディテールの違いなどを見比べていると、飽きることがありません。ファントムの魅力の1つですね。
さて、今年もいつの間にか3月、そろそろSHS持ち込み候補作に取り掛かりましょうかね。

|

« 書評<機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー> | Main | F-16E Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

その昔、丘珠で腹だけ見て塗装に悪戦苦闘しながら作った事があります。
今見ると怪しい色味ですが、モチベーションだけで完成させられた昔を懐かしく思い出しました。

Posted by: toy | 2009.03.02 at 23:35

完成おめでとうございます。
なかなかイイ感じの蒼ですね。
ASMの派手な色味とのコントラストが美しいと思います。
いよいよ三沢のファントムも改変されてしまうということで
実に寂しいこの頃ですが、ファントムは何機作っても飽きないし
バリエーションも多いので21世紀中は楽しめそうですね(笑)

お疲れ様でした。
次回作、期待してます。


Posted by: BAEL | 2009.03.03 at 01:09

>toyさん
実物を自分も見て、写真も撮っていますが、それもまたバラバラなブルーなんですよね。困ったもんです(笑)。
toyの早期の復帰を願ってますよ。

>BAELさん
ありがとうございます。
パイロンに兵器満載で作るのが好きですが、空自ファントムだけは「ファントム無頼」の”血に染まらない翼への誇り”の影響から、PTM弾にしています。おっしゃるとおり、いいアクセントなので、これはこれでいいと自分でも思っています。

Posted by: ウイングバック | 2009.03.03 at 19:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/44200808

Listed below are links to weblogs that reference F-4EJ Completed:

« 書評<機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー> | Main | F-16E Day1st »