« 書評<銃に恋して―武装するアメリカ市民> | Main | F-4EJ Completed »

書評<機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー>

機動警察パトレイバーの主役メカであるレイバー。マンガ原作のゆうきまさみや劇場版2作の押井守カントクといったストーリー面でのクリエイター、また”ソフト自体を売る”手法のメディアミックスから、正直「主役メカとして絶大な人気を誇った」、というほどの存在ではないと思う。本書はそのレイバーにスポットをあて、メカニズムを掘り下げるとともに、震災などにより”重厚長大”な工業が発展を極めた「ありえた未来の昭和」を検証する。前作「一年戦争全史」に引き続く、「アナザー・センチュリー・クロニクル」第3弾。

正直、最近の学研は商売というか企画がウマい。自分のような”団塊世代ジュニア”のオタク(オタク第二世代っていうんだっけ?)の顕著な特徴として、”歴史好き”がある。もちろん学校の歴史のような”通史”ではなく、ワンテーマを掘り下げ、それについて検証を加え、自分の知識を補完していく作業。点と点を線に結ぶ作業に面白さを見出す傾向は、さほど最近の若い子には見られない。学研はそこをピンポイントで攻撃する(笑)。
実際の歴史についてはミリタリー基礎講座 2 (歴史群像アーカイブ)のシリーズを提供し、架空の歴史に関しては、この「アナザー・センチュリークロニクル」シリーズを提供する。必ず、同世代の企画屋がいるに違いない。
ちなみに自作は押井守監督の「ケルベロス・サーガ」。これも細かい設定(へ理屈ともいうが)がいろいろとあるので(笑)、読み物として期待である。

|

« 書評<銃に恋して―武装するアメリカ市民> | Main | F-4EJ Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<機動警察パトレイバーザ・レイバー・インダストリー>:

« 書評<銃に恋して―武装するアメリカ市民> | Main | F-4EJ Completed »