« 陸自東千歳駐屯地54周年記念行事に行ってきた | Main | 書評<現代萌衛星図鑑> »

2009.06.11

書評<リスクにあなたは騙される>

不謹慎かもしれないが、前から不思議なことがある。卑劣な自動誘拐犯のニュースが流れると、それに呼応して集団登下校が始まるというニュースが流れる。さらに、その児童の列に自動車が突っ込み、複数の児童が死傷したというニュースが重なる。1人の児童が死傷する確率は、誘拐よりも交通事故の方が高い。それではなぜ、社会はなぜ集団登校を選択するのか?

本書はこうした様々なリスクについて、人がどのように判断し、行動するかを分析したものである。そのリスクは上記のような犯罪や事故、さらには摂取する化学物質やテロに及ぶ。
そのなかで常に強調されるのは人間が判断するときは常に”頭”と”腹”が葛藤するということである。いわば理性と感情、思考と無意識の葛藤といったところであろうか。それは様々な心理テストなどで証明されている。テロに対し、過剰に反応すれば別のリスクを負うことになるが、人はそう反応してしまう。殺虫剤で人類は多大な恩恵を受けているのに、わずかな副作用を過剰に問題にする。人間の反応は常に”腹”に傾きがちだ。
そしてその心理に、メディアや政府、リスクコンサルタントがつけ込む。彼らは統計調査を都合のよいところだけ抜き取り、犯罪発生率や化学物質の癌への影響を指摘し、不安を煽る。現代社会では”不安”こそが、様々な需要を作り出しているのだから皮肉だ。

「確率の問題だ」とは、某マンガの自分の好きなセリフである。メディアの報道に対し、脊髄反射しがちな日本国民だが、常に確立というものを念頭において冷静に対処したいものである。


初版2009/04 早川書房/ソフトカバー

« 陸自東千歳駐屯地54周年記念行事に行ってきた | Main | 書評<現代萌衛星図鑑> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<リスクにあなたは騙される>:

« 陸自東千歳駐屯地54周年記念行事に行ってきた | Main | 書評<現代萌衛星図鑑> »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ