« 書評<倒壊する巨塔> | Main | F-4F Completed »

2009.09.25

書評<天界の標1~メニー・メニー・シープ>

天冥の標 1―メニー・メニー・シープ<下>

時は西暦2500年代。人類は銀河系に植民星を拡げていた。その植民星の一つ、メニー・メニー・シープでは恒星船の事故により高度な技術を失い、文明レベルを落としながらも都市を築き、人々が生活を営んでいた。しかし、そのささやかな繁栄の前に暗雲が立ちこみ始める。

あらかじめ全10巻の長編シリーズを予告されているSF作品の第一巻。よって、様々な設定やナゾは投げっぱなしで、人類やアンドロイド、ソフトウェアやいわゆる異星人など、メインとなる勢力のとりあえずの紹介をしてみただけ、といっていい。その他遺伝子改変など様々なSF的要素はもれなく盛り込んでおり、今後の展開が楽しみである。
個人的な予想としては、たぶんこの「メニー・メニー・シープ」から過去にさかのぼるパターンだな、これは。

初版2009/09 早川書房/ハヤカワ文庫JA

« 書評<倒壊する巨塔> | Main | F-4F Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<天界の標1~メニー・メニー・シープ>:

« 書評<倒壊する巨塔> | Main | F-4F Completed »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ