« 2009年度陸自北千歳駐屯地記念行事に行ってきた | Main | <かくして冥王星は降格された> »

2009.09.01

書評<麻薬とは何か―「禁断の果実」五千年史>

まだ文明が発展する以前から、人類は麻薬を様々な形で使用してきた。そして大航海時代以来、人類が大規模な移動を始めるようになると、それが世界中に広がっていく。アヘン、ヘロイン、コカイン、大麻、LSD・・・・これらは当初は薬品として用いられ、やがて中毒性が明らかになって違法となる歴史の繰り返しである。これらにはどんな文化的背景は潜んでいるのか?肯定や否定ではなく、麻薬が人類の歴史にどのように関わってきたかを検証する。

人類全体の悪徳とされながら、今もってその蔓延を防ぐことのできていない麻薬。それに対する抵抗感は、個人の生い立ちやおかれる環境によって千差万別であろう。個人的には子供のころに見た80年代のハリウッドの刑事映画に強く影響を受け(麻薬ディーラーは必ず死に至る)、忌避感が強い。だが、そのハリウッド映画を例に見ても、ここ最近は麻薬との戦いは大きな挫折をもって描かれる。その中毒性や身体への影響が喧伝されるのにも関わらず、人々がそれに手を出してしまうのはなぜか?本書で語られる麻薬と人類に関わる長い歴史をみると、その一端が見えてくるような気がする。知恵を持つ動物として、身体あるいは精神的な限界を乗り越えようとするときに、比較的安易にそれを実現できる気にさせる麻薬たち。そこまで限界を追求する気にはならない自分の怠惰さが、むしろ今まで自分を麻薬から遠ざけてきたのかもしれない。問答無用に否定的なものとして捉えるのではなく、麻薬と人間、もしくは個人の関係を考えるきっかけとなる書である。

初版2009/05 新潮社/新潮社選書

« 2009年度陸自北千歳駐屯地記念行事に行ってきた | Main | <かくして冥王星は降格された> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<麻薬とは何か―「禁断の果実」五千年史>:

« 2009年度陸自北千歳駐屯地記念行事に行ってきた | Main | <かくして冥王星は降格された> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ