« 書評<キラー・エリート―極秘諜報部隊ISA> | Main | ちょいと下がりつつあるモチベーションを取り戻そう »

2009.12.30

書評<アイゼン・フリューゲル2>

技術的年代は地球の西暦1940年代中盤、レシプロエンジンに代わり、ジェットエンジンが登場しようとして時代。だが空はいまだ”龍”が支配する架空の世界。そして今、国家の対立が風雲急を告げている。
純粋な研究機であったはずの愛機に機銃が載り、テストパイロットであったはずのカール・ハインツもまた、戦場に赴く。なぜ彼はそこに行かなければいけないのか・・・。

スピードと”龍”への挑戦が主題であった前作から一転、舞台は戦場である。それでもって完結である。何か物語の進み方が性急な気もするが、作者の意図通りなら仕方がない。主人公が戦場に向かう過程は非常にアツいが、物語の帰結は予想通りでもあった。プロペラからジェット、その先にあるもの。もうちょっと新しいものが欲しかったかな。

初版2009/12 小学館/ガガガ文庫

« 書評<キラー・エリート―極秘諜報部隊ISA> | Main | ちょいと下がりつつあるモチベーションを取り戻そう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<アイゼン・フリューゲル2>:

« 書評<キラー・エリート―極秘諜報部隊ISA> | Main | ちょいと下がりつつあるモチベーションを取り戻そう »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ