« 書評<英国のダービーマッチ> | Main | 書評<犬の力> »

2010.01.07

書評<有坂銃>

日本の銃火器開発の歴史の中で、海外にもその名を知られる有坂茂章。有名な三十八年式歩兵銃の原型となる三十年式歩兵銃を開発し、またその時代の野砲などの開発でも、その中心となった人物である。本書は彼と彼の開発した銃火器を通して、明治から日露戦争にかけても歴史の一端を垣間見ることができる。

陸上兵器体系の基礎となるライフルと野砲は、意外なほど高度なテクノロジーに支えられている。先進国のコピーをすればいいというものではない。冶金学や火薬学などを適切に用いなければ、姿かたちは同じでも、ただのガラクタである。本書の主役である有坂は、海外からの情報を基本に、自らのアイデアを取り入れつつ、日露戦争はもちろん、太平洋戦争まで使われるライフルや野砲を設計した。平時から試行錯誤を繰り返し、いざ戦時ともなれば、現場からの声に早急に答える技術開発に没頭する。わずかな改良が傑作兵器となり、わずかな齟齬が現場で不評を招く。そこに、欧米と比べれば開発途上であった2次大戦以前の日本の技術力の限界と、日本人の兵器に対する態度が見え隠れする。著者による「とにかく”見栄”を要求する姿勢」という分析は概ね正しく、また現代まで続いていると思う。「存在することではなく、使えることが大事」という某大臣のセリフは、その組織だけではなく、ライフル一挺から適用されるものである。

初版2009/10 光人社/光人社文庫

« 書評<英国のダービーマッチ> | Main | 書評<犬の力> »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<有坂銃>:

« 書評<英国のダービーマッチ> | Main | 書評<犬の力> »

My Photo
June 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter


無料ブログはココログ