« 星に願いを  Completed | Main | RF-4E(TIGER MEET 1984) Completed »

2010.06.17

書評<これからの「正義」の話をしよう>

NHK教育でも放映されている、著者であるサンデル教授のハーバード大学での講義をまとめた政治哲学の本である。カントやアリストテレスといった古典的な哲学から、ロールズに代表される現代思想を、それぞれの思想をアメリカが現実に抱える問題に当てはめて、分かりやすく解説されている。アファマーティブ・アクション、代理出産、志願兵制といった論争がある問題について、哲学の巨匠たちが生きていたらどんなふうに”正義”を見出していたか、著者が解説していく。

当たり前の話だが、”正義”はそれぞれの立場でまるで異なる。著者は哲学者たちの思想の根本を噛み砕いて解説した後、実際の問題に当てはめて、それぞれの主張の有利・不利をみていく。その中心がいわゆる”最大多数の最大幸福”の「功利主義」、アメリカでは保守派である「自由至上」主義、ロールズの平等思想である。それぞれの思想は正しく、また間違っている。著者は解答らしきものをちらつかせるが、それとて絶対的なものではない。だが、読者自らの価値観はどの思想に近く、それがどんな問題があるのかはみえてくるだろう。例えば自分は功利主義に非常に近いが、それに限界があることがみえてくる。自分の考えを整理するうえで、有益な本であるといえるだろう。

初版2010/05 早川書房/ハードカバー

« 星に願いを  Completed | Main | RF-4E(TIGER MEET 1984) Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<これからの「正義」の話をしよう>:

« 星に願いを  Completed | Main | RF-4E(TIGER MEET 1984) Completed »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ