« 書評<全体主義> | Main | 書評<ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘> »

2010.06.06

RF-4E(TIGER MEET 1984) Day5th

SHS2010が終了し、個人的に次のターゲットはHME2010となります。今年の統一テーマは”タイガー”。現用機モデラーとしては、義務としてNATOのタイガーミート塗装機を作らなければならないでしょう。
というわけでコレ。
2380p1
ハセガワ1/72のドイツ空軍のRF-4EファントムⅡ、1984年のタイガーミートの限定版です。一応、大判のデカールが入っていますが、ブラックにイエローを貼るのが現実的な選択とは思えず、塗装でチャレンジ。

組み立て段階はストレート組みなのですっ飛ばし、塗装から。自分の場合はシッポのジェットノズル付近を先に塗装してマスキング。そしてクレオスのクールホワイトで下地塗装。
Dsc_0048
ややムラがありますが、下地ということで妥協。
イエローの正確な色調は分からないので、ここは単純にドイツ機ということでC113のRLM04イエローを使用して、全面塗装。デカールをコピーした台紙に幅広のマスキングテープを貼り込み、マスキングシートを作成します。マスキングテープのカットはたいした手間ではないのですが、貼るのは2時間半を要してます。
Dsc_0056
そしてセミグロスブラックを重ね塗りし、神に祈りを捧げながらテープを剥がす。
Dsc_0063_2
多少の吹きこぼしがありますが、これで良しとします。最後にデカール貼りのためにクリアー吹いて作業終了。

ちょっとオーバーに書いたのは、、前日に塗装を失敗しており、シンナー風呂に浸して全面の塗装を落としてるんです。エアテックスのマスキングシートを使用したのですが、粘着力が弱くて多くの吹きこぼしが発生。それをリカバーしようとしてイエローを吹くも、当然のごとく色が乗らない。放り出しそうになったのですが、気を取り直して幅広のマスキングテープを買ってきて全面再塗装。まー疲れました。
しかしこれは・・・まんま初代コスモタイガーですな。

« 書評<全体主義> | Main | 書評<ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様です。
すばらしいじゃありませんか。
本当にお疲れ様です。

個人的には、GXイエローに絶大な信頼を置いている私なので、私だったらGXイエローで塗ったでしょう。
ただ、白っぽい黄色なので、その上から別のイエローを重ね吹きしてやる必要があったかもしれませんけど。

と、終わったあとでえらそうに言ってみるのです。

>Mach0.9さん
ありがとうございます。
GXイエロー・・・その選択肢がありましたね。RLM04は赤みが強いので、写真イメージとはちょっと違います。
でも、今日はこれで満足(笑)。

 虎縞パンツだっちゃ。

 ドイツレベルからもコレ出てまして、DACOプロダクツ製のすんばらしいデカールが付いてるので、ワタシはこの機体を作るならそのデカールの貼り込みにチャレンジします。ハセガワのデカールだと間違いなく透けるでせうけど、DACOならきっと大丈夫。( ̄ー ̄)

>KWATさん
世代が分かりますね(笑)。
ドイツレベルの存在は知っていたのですが、デカールもいいものだったんですかあ・・・ちょっとガックリ。ただ、上下左右の位置決めが難しいので、デカールでも苦労しそうです。

http://kwat.air-nifty.com/nikki/2007/02/post_cdf9.html

 ご参考までに。

>KWATさん
全面デカールですか!これはすごい。ボケ足を少しでも再現しようとしたあげくに大失敗→シンナー風呂コースでしたので、これはいいですね。

宣伝に来ました(笑)。
ウチのゆるゆるクラブでブログ立ち上げました。
http://ydcc.blog133.fc2.com/
んで、第一弾お祭りとして「ナナニイファントムⅡ祭」やってます♪
よろしければ是非(笑)。

>べすぱさん
YDCCのお祭り、B!Mも参加可能だったんですね。
ファントムは年中作ってますので、参加させていただきますよ!

祭り参加は大歓迎!ですのでぜひに!
エントリーお待ちしておりますぅ~。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RF-4E(TIGER MEET 1984) Day5th:

« 書評<全体主義> | Main | 書評<ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ