« 書評<ミミズの話> | Main | 書評<最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?> »

書評<日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率>

食料自給率が低下しているとして、農水省は”自給率向上キャンペーン”を電通とともに張っている。だが、カロリーベースの食料自給率の算出は問題が多く、生産高で見れば日本の農業は世界第5位の生産高であり、日本の”食糧問題”は存在しない。日本の農業が抱えるほとんどの問題は、農水省が自らの存在意義を見出すために作り出すためであり、むしろ日本の農業の未来は明るい。本書はこうした主張のもとに、日本の農業と食糧問題の本質を問う。

農水省も”ダメ官庁”の一つか!暇な農水省職員は人手不足の輸入検疫部署に全員異動しろ!と本書を素直に読めばそう思うわけだが、Amazonのレビューを見て考え直しました。物価の高い日本が生産高では上位にくるのは、考えてみれば当たり前のこと。日本は農業大国、まではとてもではないが言えない。
個人的経験でいうと、自給率はともかく、問題は小麦や豚肉の不公正関税かなあ。例えば豚肉の価格維持のための関税措置は、公正な業者ほど損をする仕掛けで、悪徳業者をはびこらせ、発展途上国からの輸入障壁になってる。農業保護が必要な場面も多いが、日本にはまだまだ不公正な補助金漬けであることだけは、本書に同意である。

初版2010/02 講談社/講談社プラスアルファ新書

|

« 書評<ミミズの話> | Main | 書評<最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/49397600

Listed below are links to weblogs that reference 書評<日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率>:

« 書評<ミミズの話> | Main | 書評<最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?> »