« 書評<珍獣の医学> | Main | 書評<ゲート3> »

書評<サッカー 最強の戦略・戦術論>

スポーツライターというのは意外と人によって好みが分かれるもので、自分は本書の著者である西部謙司氏の分析と文章が好きであり、著書もたいてい購入している。
だが、本書の内容は薄い。まず表題のように<戦略・戦術論>のワンテーマ書ではまったくない。ワールドカップや日本代表、クラブチームの事例が散文的に掲載されている。本書は様々な媒体の掲載分をまとめたものにしか過ぎない印象だ。ワールドカップならワールドカップ、JリーグならJリーグで掘り下げて<戦略・戦術論>を語ってほしい。単行本を買う人は、それを期待しているのだと思うのだが。

初版2011/11 PHP研究所/ソフトカバー

|

« 書評<珍獣の医学> | Main | 書評<ゲート3> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/50538183

Listed below are links to weblogs that reference 書評<サッカー 最強の戦略・戦術論>:

« 書評<珍獣の医学> | Main | 書評<ゲート3> »