« March 2011 | Main | May 2011 »

書評<マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方>

テレビや新聞といったマスコミの取材姿勢に批判が集まるようになって久しい。事件の当事者あるいは親族に大量の取材者が押しかけるいわゆるメディア・スクラム。警察発表と状況証拠から犯人をメディアが決定して追いかけたあげく、誤報となるケース。テレビ取材の現場にいる著者が、そのような報道被害が生まれる過程を明かしていき、どのような解決策があるかを提案していく。また、巨大過ぎて身動きが取れなくなっている従来型メディアのオルタナティブとして、ネットを媒介とした市民メディアがいかに育っていくべきかを提案していく。

長年”2ちゃんねるvsマスゴミ”の罵り合いをウォッチしてきたネットの傍観者としては、やや不満の残る内容である。それはこの本の前提としてヤラセなどの”悪意の報道”をはじめから排除し、マスコミの善意からとまではいわないまでも、視聴者が求める情報を得ようとする結果としてのメディア・スクラムを論じているからであり、こちらが知りたいのは”悪意の報道”だからである。スポンサー、思想信条、国家の統制による”介入”による「マスコミが伝えない何か」を知りたいからこそ、我々はマスコミを毛嫌いし、ネットに潜っていく。
”悪意のない報道”に関しては、本書で解決策が探られているが、情報の受信側が受信レベルを上げていくしかない、と個人的に思う。本書の著者には申し訳ないが、マスコミには情報の発信者としての自覚がない方が多すぎると思う。とんちんかんな質問をするインタビュアー、ほぼ”陰謀論”を垂れ流すコメンテーター、「我々に分かるように説明してくれ」と自らの知的レベルを上げようとはしない記者。これらを淘汰するには、受信側がいわゆるメディア・リテラシーを上げるしかない。ググるのは良い。問題は検索結果をいくつ読むかである。
本書の後半のメインテーマである市民メディアに関しても、個人的には大きな期待はできないと思う。それはネットでの多くの失敗例が証明している。オーマイニュースなど見ても分かるが、マスコミ以上に情報にバイアスがかかるうえに、考察が浅くなる。ネット時代の良いことの1つは、世の中にいる膨大な”アマチュア専門家”の存在を知らしめたことであり、市民メディアで知った風な記事を書くと、あっという間に激しい反論にあう。今のところ、これが現実だ。

ということで、本書に書かれていることはあくまで理想論であり、情報について自分の持つ考えと比較し、考察しながら読むうえでは、非常に役に立つ参考書であることは確かである。

初版2010/09 岩波書店/ソフトカバー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

書評<本当の戦車の戦い方―陸上自衛隊の最前線を描く >

冷戦時代の陸自の最前線である、北海道の道北に駐屯する戦車連隊で隊長まで務めた著者が、陸自の機甲戦について綴ったもの。実際に運用した用兵側から見た90式戦車の実相。その後継となる10式戦車に期待するもの。2編の架空戦記を挟んでそれを記し、国防と陸自の今後についての著者の見解を明かす。

その存在がまことしやかにささやかれる、90式戦車の目標自動追尾装置の存在がのっけから肯定されているのにはビックリしたが、その後の構成はやや散漫。著者の国防論は保守派の論客なら常識的なものだし、架空戦記もごく常識的なもの。それよりは本書では分量が抑えられている、陸自の戦車部隊が、空自の支援がまったく期待できない状況を想定し、北海道に上陸してきたソ連の自動車化狙撃師団に対抗しようとしていたかなど、実際の運用や訓練の様子にもっとクローズアップしてもよかったのではないかと思われる。それこそが陸自における”本当の戦車の戦い方”だったのだから。10式戦車においては、まったく別の運用形態を今から築くところであり、それに触れるのはもっと未来でよかろう。

初版2011/04 光人社/文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

書評<世界の名機 ダッソー・ミラージュ2000>

ミリオタさんたちにはあまり評判の芳しくないイカロス出版ですが、これはイイと思ったので紹介。
ミラージュはご存知のとおり、フランス製戦闘機の代名詞であり、ミラージュ2000はその名を受け継ぐ最後の戦闘機になるでしょう。デルタ翼とスマートな胴体を持つその機体は美しく、FCSはじめカタログ・スペックも80年代以後に相応のものですが、非力なエンジンとFCSに足をひっぱられ、その実際の評価はあまり高くないのが現状です。本書はカタログ・スペックの羅列だけではなく、こうした運用実績を踏まえた評価にも触れられており、資料価値も高いと思います。
自分が一番知りたかった、稼働率の低い台湾空軍機の運用の実際についても、台湾空軍のパイロットのインタビューが掲載されており、一概にスネクマM53エンジンの非力さと信頼性の低さが責められるものではないことが分かります。

本書でも触れられていますが、機体のパーツ一つから搭載兵器まで、すべてをフランス製で囲ってしまうその商売方法の限界をミラージュ2000に見ることができます。軽量な機体ゆえ、初期導入コストは割安なものの、生産機数の少なさゆえ補修パーツのコストが下がらず、アフターサービスが高くつくこと。カタログ・スペックは立派だが、実戦経験の少なさゆえ、かえって使いづらい設計になってしまった空対空ミサイル。国産にこだわることをどこかで転換していれば、と思わずにはいられない。兵器の輸出には国家の外交戦略も絡むので簡単なことではないとは思いますが。

ライトなマニア向けのカタログ本ですが、いろいろ考えずにはいられない、珍しい本です。

初版2011/03 イカロス出版/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<移行化石の発見>


ダーウィンの進化論が発表された当初、主な科学的な反論は「生物が斬新的に進化するのなら、なぜ移行途中の化石は存在しないのか」というものだった。例えば魚類から陸生生物が進化したというのなら、移行期の生物が現生するか、化石が見つかっていてもいいはずだ。残念ながらダーウィンの存命中には有力な反証となる化石は発見されなかったが、今日までに多くの古生物学者の努力によって数々の移行化石が見つかり、いわゆる”ミッシング・リンク”、進化の連鎖の過程が繋がりつつある。本書は恐竜や鳥類、クジラやウマ、あるいはホモ・サピエンスなど研究が進んでいる生物の移行化石の発見の歴史を追い、進化の道筋を辿るものである。

先に「ミッシング・リンク」という言葉を使ったが、本書は"人類につながる最古の化石発見”とセンセーショナルに騒がれ、昨年に邦訳も出版された「ザ・リンク」に対する批判から始まる。移行化石はなにも「ザ・リンク」だけが主役ではなく、、ダーウィン以後の多くの古生物学者の長年に渡る発掘により、多くの系統が明らかになっているのである。本書はいわば、そうした移行化石発見と研究の歴史書である。もちろん、単純な化石発掘の物語ではない。ある学者の発見により定方向的な進化が見出されたと思えば、他の学者の発見により、進化は定方向的に進むのではなく、むしろ混沌とした無秩序な変化であることが証明される。移行化石の発見により、進化論に対する解釈そのものが変化していくことを本書は指し示している。
著者はグールドの唱えた「断続平衡説(進化はある一定の期間の停滞と、短く爆発的な生物の発生期間を繰り返す)」を進化論解釈の基礎にしており、断続平衡説に同意する者なら(私も含めて)、最後の結論も納得できるものだろう。多分野に渡る化石発見を俯瞰的に捉えることができる良書である。

初版2011/03 文藝春秋/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ>

昨年の南アフリカワールドカップでの日本代表の活躍は記憶に新しい。ネガティブキャンペーンや悲観的な予測を覆し、見事に予選リーグを勝ち残った。また日本代表以外でも、多くのドラマが生まれている。本書は紀行文プラスサッカー批評のスタイルで知られる著者のSportsNaviでの連載をまとめた南アフリカでの1ヶ月の取材記である。

一時は開催が危ぶまれたほどのスタジアムや各種施設の工事の遅れ、世界最悪の部類に入る治安の悪さなど、多くの不安の声が聞かれた南アフリカでのワールドカップ。ゲームの内容以外にも注目が多く集まった大会に、”紀行文”スタイルの著者のサッカー評論はよく合っていると思う。フットボールは周辺の事象含めてのカルチャーであり、ただのスポーツではない。あくまでも楽観的な、優しい視線で書かれたその冒険譚は、さわやかな読後感を残す。サッカー批評もライターの名前で読む時代となりつつあるが、著者は生き残っていく一人だろう。

初版2011/02 光文社/光文社新書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<ヒトはなぜ死ぬのか>


多細胞生物の”死”が、あらかじめ遺伝子に組み込まれていることが分かってきたのは、1970年代以後のことである。テロメアと呼ばれる遺伝子が1回細胞分裂するごとに回数券のごとく減っていき、プログラムされた回数に達すると、細胞は自壊していく。これをアポトーシスという。神経細胞や心臓細胞といった非再生細胞を除けば、すべての細胞がアポトーシスによって死んでいく。無限に分裂するガン、あるいは免疫不全を引き起こすHIVウイルスには、アポトーシスが深く関わっている。本書はそうしたアポトーシスの概念を分かりやすく解説し、ガンやエイズを根治するゲノム創薬へのチャレンジについて平易に語られている、アポトーシスの入門書である。

アポトーシスとテロメアの存在は、ガン研究の発展とともに一般にも知られるようになってきた。無限に細胞が増殖するガンはテロメア遺伝子の異常が1つの原因であり、他の重大な病気にもアポトーシスが関わっていることが分かってきている。また、テロメア遺伝子を制御することができれば、生物の寿命を制御できるかも知れないということで、ハードSFやアニメでは早くから用いられてきたモチーフでもある。本書はアポトーシスの概念を、主に医療との関わりを軸に説明されている。著者は、困難ながらも切り札となりえる遺伝子治療に関わっており、アポトーシスを制御するゲノム創薬に大きな期待をかけながらも、その限界にも触れている点で、本書の姿勢には好感が持てる。細胞というシステムの深遠の入り口に触れることができる新書である。

初版2010/07 幻冬舎/幻冬舎新書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-4B Day5thあたり

久しぶりにプラモ製作の記事です。年が明けてから、寒さからか歳のせいか体調を崩しがち、仕事はあまり順調に進まず、さらに春になったら花粉症で集中力が続かず。気がつけばSHS2011まで1ヶ月余り。この間、東日本東日本大震災が発生し、何の被害もない自分も滅入ってしまう報道ばかりですが、とにもかくにも普段の生活ペースに戻すべく、F-4Bの製作に戻ります。
Dsc_01381
今回のF-4BはAirwaveのエッチングパーツとWolfpackDesignのレジンパーツを使用して、主翼折りたたみ&フラップダウンを再現するお大尽モデリング。しかしながら、このレジンパーツのフィッティングに苦しんでます。パーツをカットして前縁スラットとフラップとエルロンを組むわけですが、意外とパーツがだるく、パシっと一発では決まらず。あれこれ削っているうちに、直線がグニャグニャに。とりあえずサーフェサーを吹いて現状確認。いやあ、エッジを出すってホントに難しい。なんとか今週で修正しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »