« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »

書評<マルドゥック・フラグメンツ>

著者のマルドゥック・シリーズの短編集。ボイルドとウフコックが袂を分かつ前の「ヴェロシティ」絡みの話が2編、「スクランブル」の導入部となる話が1編。「スクランブル」の最後の戦闘をボイルド視点で書いたものが1編、そしておそらく完結編となる「アノニマス」のプロローグが収められている。それに作者の沖方氏のインタビューが加えられている。「天地明察」のヒットにより、すっかり一般的な文芸分野に向かっていくと思っていたので、マルドゥックシリーズの続編が書かれるというだけでも驚きではある。プロローグを読む限りではいわゆる”刑事モノ”の匂いがする作品で、個人的には非常に歓迎である。 この勢いで、ぜひともシュピーゲル・シリーズも完結して欲しいものである。

初版2011/05 早川書房/ハヤカワ文庫JA

|

« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/51759644

Listed below are links to weblogs that reference 書評<マルドゥック・フラグメンツ>:

« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »