« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »

2011.05.25

書評<マルドゥック・フラグメンツ>

著者のマルドゥック・シリーズの短編集。ボイルドとウフコックが袂を分かつ前の「ヴェロシティ」絡みの話が2編、「スクランブル」の導入部となる話が1編。「スクランブル」の最後の戦闘をボイルド視点で書いたものが1編、そしておそらく完結編となる「アノニマス」のプロローグが収められている。それに作者の沖方氏のインタビューが加えられている。「天地明察」のヒットにより、すっかり一般的な文芸分野に向かっていくと思っていたので、マルドゥックシリーズの続編が書かれるというだけでも驚きではある。プロローグを読む限りではいわゆる”刑事モノ”の匂いがする作品で、個人的には非常に歓迎である。 この勢いで、ぜひともシュピーゲル・シリーズも完結して欲しいものである。

初版2011/05 早川書房/ハヤカワ文庫JA

« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<マルドゥック・フラグメンツ>:

« 書評<生命40億年全史> | Main | F-16I Day4th »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ