« May 2011 | Main | July 2011 »

書評<エイズを弄ぶ人々>

「エイズ(後天性免疫不全症候群)はHIVウイルスに感染、ウイルスが免疫をつかさどる細胞を攻撃することにより、免疫能力が劇的に下がり、通常なら感染することのない細菌やウイルスに感染し、重篤な状態に陥る病気である。」死に至る新たな性感染症として登場した衝撃から、先進国ならこのような知識がほぼ常識になっていると思われる。しかしながらアメリカを中心として、HIVウイルスとエイズの関係を否認し、エイズを政府の画策する人口抑制、あるいは製薬会社の利益のための陰謀だとする考え方が広まりつつある。それがいわゆるエイズ否認主義者たちである。一部に高名な科学者も含まれるため、南アメリカでは大統領もエイズ否認主義者となり、それが政策に反映され、多くの死者を出すことになった。エイズ否認主義者たちはどのようにして生まれ、どんな主張をし、どのような考え方に支えられているのか?本書は日本ではあまり知られることのない、危険な陰謀論を解説する。

エイズは当初、同性愛者や薬物中毒者にその患者が集中したこと、原因となるHIVウイルスの第一発見者の名誉を2人の科学者が争うという論争があったことなどから、当初から陰謀論に巻き込まれる要素があったことは否めない。しかしながら医療科学と統計はエイズの真実を既に明らかにしており、陰謀論の入る隙間はないように思える。だが、高名な科学者は自らの虚栄心を満たすため、HIV感染者はつかの間の安心を得るため、保守主義者は同性愛者を自らと遠ざけるため、エイズ否認主義を用いる。それが死に至る病にも関わらず、だ。本書はエイズ否認主義に警告を発し、否認主義者たちを糾弾する。「そんなこと常識」とばかりに正統派の科学者は沈黙しがちだが、それでは声の大きな否認主義者たちに勝てないと著者は訴える。現代においては科学は魔法の一部のようにもなりつつあり、おとぎ話にしっかりと対抗しなければならない時代にあることを本書は感じさせる。
日本でも東日本大震災以来、危うい陰謀論をちらほらとネットで見かける。本書の訴えかけてくるものは大きい。

初版2011/01 化学同人/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<サッカー バルセロナ戦術アナライズ>

10-11年のシーズン、バルセロナはリーガ・エスパニョーラとチャンピオン・リーグのダブルを達成。結果だけでなく試合内容も、ライバルのビッグクラブたちを圧倒していた。ショートパスを正確に繋いでボール支配率を高め、シュートに結びつけるその戦術で他を圧倒したクラブのセオリーとはどんなものなのか?現在のバルセロナのスタイルを確立したクライフ監督率いる”ドリーム・チーム”まで遡り、そのフォーメーションとタクティクスを分析、さらにバルセロナの内部スタッフを経験した人物へのインタビューを通して、バルセロナの戦い方を明かしていく。

実は個人的には”アンチ・バルセロナ”だったりする。バルセロナはショートパス主体で常に攻撃的で技術溢れるプレーを展開するわけだが、魂のこもったヘディングシュートも見たいし、美しい弧を描くクロスもみたいのである。攻められっぱなしなのに一本のロングパスで状況を打開する展開なんてのも最高だ。
とはいえ、バルセロナが世界一のサッカーをしているのは確かである。それは個々の選手の高い技術よりも、むしろ戦術に依存している。本書は戦術分析には定評のある著者が、バルセロナの戦術のキモになる部分を明かしていく。評論家に分析できるならプロの監督が分析できないわけがなく、対抗策を練れないわけがないのだが、それでも他の競合クラブが勝てないわけを、著者は育成部門の人物へのインタビューを通して、戦術の背骨となる基本理念というべき”哲学”に見いだす。クライフ(もとはミケルス)がもたらした哲学に基づいて戦術を組み立て、その戦術をこなせる選手を育成、あるいは育てる。それが現在のバルセロナの栄誉につながっているのだ。
素人目にはバルセロナのプレーヤーは”スーパー”な感じはしない。あのメッシでさえ、アルゼンチン代表では輝きが薄れる。屈強なマーカーに囲まれる中で、なぜ彼らのショートパスだけが敵をあざ笑うかのようにつながって得点に結びついていくのか?それが少しだけ分かった気になるのが本書である。

初版2011/06 カンゼン/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-16I Day8th

原発反対のデモに労働組合の旗やどう見ても中核派のスローガンが見えるたび、安保闘争の結末のようにならなければよいが、と思います。いや、マジで。
そんなこんなでF-16IとF-16Dは吊るしモノや脚など小物塗装が終了。
Dscn0293
3週間、週末のかなりの時間を費やしているんですが、なかなか前に進みません(笑)。自分の場合、完成を急ぐあまりに工作が粗くなってしますので、まずは小物から仕上げることにしてるんですが、ブログにうpする場合はまったく見映えがしませんね。F-16は非常にノズルが目立つので、F-16Iの方はアイリスのレジンパーツを使用、F-16Dの方はキットパーツの内側にプラ版を貼って内部を再現し、塗り分けでアイリス板の焼き付き具合を再現しています。
さて、来週こそ本体を・・・と思ったけど仕事か。ジャマが入るなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<ブルーインパルス>

高い技量で我々を魅了する航空自衛隊のアクロバットチーム、ブルーインパルス。だが、歴代のチームが栄光だけで彩られていたわけでは決してない。82年11月14日、浜松基地航空祭でのT-2墜落事故をはじめとして、いくつもの事故で犠牲者を出している。本書はブルーインパルスに所属したパイロットや周辺の当事者のインタビューを中心にして、F-86を機材として使用した創成期から、事故が多発したT-2時代を中心にその歴史を追ったものである。

本書は決してブルーインパルスの通史ではなく、浜松航空祭での墜落事故を中心に据え、ブルーインパルスに関わったパイロットたちの生き様を描くノンフィクションである。現在でこそ事故と無縁の演技を続けるブルーだが、ハチロクからT-2の時代にかけてはまさに命がけの飛行であり、空自の平均事故率以上の殉職者を出している。ハチロクはともかく、機動性が低い上にエンジンが非力なT-2のアクロは無理があった。自衛隊が税金泥棒と言われた時代に、その組織の中でも”戦わない部隊”であるアクロに所属するパイロットたちは何を目的に、何を考えて飛んでいたのか。貴重な証言でその現場を垣間見ることができる。
そして82年に起きた浜松基地祭での衝撃的な事故。ブルーというだけでなく、空自にとってもシリアス・アクシデントの1つである。当時は「航空情報」の記者だった著者が集めた情報により構築された事故状況は詳細で、当事者たちのインタビューは生々しい。希望的な推測も混じるが、事故の真相らしきものも明らかにされる。
さらに80年代、技量の点では空自最高の部隊のはずであったブルーとは別に、アグレッサー部隊が編成され、パイロットたちの中でもブルーの立ち位置がブレ、メンバーのリクルートにも窮するようになる。度重なる事故によって外部から批判されるうえ、さらに内部からもブルーが瓦解の危機にあった時代があったのである。
”栄光と苦悩”とは伝記によく使われる常套句である。美しい航跡を描くブルーの写真集が栄光なら、本書はブルーの苦悩を描いたノンフィクションである。”空軍”の中でアクロチームとはどんな存在なのか?プライドの高いパイロットたちが集まる中でのチームワークとは何か?そんなことを垣間見ることができるのが本書である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-16I Day6th

この非常時に政権与党がややこしいことになっていますが、個人的に衝撃だったのは、国会での内閣不信任案の投票で、前後の議員に手を引いてもらえないと投票箱に歩いていけないようなヨボヨボの爺さんの映像をニュースで見たこと。あんなの当選させちゃダメだろ。
そんなことには関係なく、F-16Iは吊りモノなどで時間取られてます。
Dscn0289
燃料タンクとRAFAEL SPICE誘導爆弾とAGM-142 POPEYE地対空ミサイルをサンディングして、その他ミサイルと共にマスキングして、エアブラシして・・・。疲れた。
ところで、スカンクモデルのIDFウェポンセットですが、近年の新興メーカーにしては、あまり質の高いものではなかったです。スジ彫りは運河彫り、ミサイルのウイングの取り付け箇所の合いは悪い。完璧を目指せば、これの修正でだいぶ時間をとられるでしょう(オレは目指さない)。こだわらなければ、ハセガワのJDAMやレーザー誘導爆弾あたりを持ってきた方が、シャープにまとまるのではないでしょうか。このあたりのチョイスは難しいですねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »