« 書評<深海生物学への招待> | Main | 北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた その2 »

北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた その1

札幌から静岡に転勤して2年近く。今年もしょうこりなく、北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた。さっそく、そのレポートをお届けします。まずは変わりなくウイングバックを迎えてくれた、MMDのみなさんの作品。すべてカバーできていないので、他のメンバーのブログで補完してください。
Dscn0466
今年の共通テーマであった<砂漠>に関連する作品の1つ、G.Yさんのイスラエル空軍仕様1/72F-4E。キャノピーを閉めているのに、緻密なコクピットの完成度。新居のプラモ部屋には、レジンパーツの収縮防止用冷蔵保管庫を入れるとか入れないとか。
Dscn0463
同じくテーマ作品、浦滝さんのタイフーンMk.ⅠB。あいかわらず端正な仕上がり。この他にも艦船や痛車も出品されていて、その挑戦への意欲を見習いたい。
Dscn0381
MMD最年長ながら、一番の大物をいつも出品される山口さんのキネティック1/48E-2C。レドームとプロペラが回転します。「翼拡げて、飛ばしてみて!」と無理難題をいう子供さんに丁寧に対応する姿が印象的。
Dscn0426
MMD総帥、高○さんは東日本大震災の後、東日本の地名が付けられたウォーターラインの連作。その想いが感じられます。
Dscn0464
ラリー車を手がけるししゃもさんのパリダカ仕様のプジョー405。オレもデカール作ってもらおっかな(笑)。
Dscn0390
数多い痛車と族車を持ち込まれたKitaさんのけいおん!トラック。痛車の勢いは衰えないどころか、ますます増していますな。
Dscn0487
ウイングバックと同じく遠隔地から参加のmikamiさんの労作、ハセガワ1/72F-4J。パネルラインのシャドーとツヤ具合の両立がイイ。

その他、多くの作品が集まり、卓数だけなら最多の我がMMD。今回の遠征で一番お世話になった方の作品がピンボケでうpできないとかミスもありましたが(泣)、今年も楽しい3日間の遠征でした。札幌を去るときに「あと2回は来ます」と宣言しましたが、来年も生活環境に変化がなければ参加しようと思います。楽しくてしょうがないだもん♪。

|

« 書評<深海生物学への招待> | Main | 北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた その2 »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

おつかれさまでした。
すばらしい作品群、それに各所で皆さんレポートされてます通り
本当に楽しそうです。機会をつくってまた見に行きたいです。
夜の部も楽しそうだし(笑)

Posted by: ドカ山 | 2011.08.22 at 22:24

お疲れさまでした~。
遠路はるばるお越し頂いたことに、心より御礼申し上げます。
初日夜の反省会も楽しかったですね。

来年も是非お越しくださいませ。
一同で首を長~くしてお待ち致しておりますよ~。

Posted by: Hood | 2011.08.23 at 08:28

>ドカ山さん
まあぶっちゃけた話、夜の部と皆さんとお話しするのが楽しくて行くようなものです(笑)。
ただ、多少?下品なので、機会があってもひかないでくださいね。

>Hoodさん
今回はお世話になりました。深夜まで話し込んだことなども、今後の人生に参考にさせていただきます、というのはオーバーかな(笑)。
ともかく、来年は総火演でもお会いしましょうね。

Posted by: ウイングバック | 2011.08.23 at 15:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/52542743

Listed below are links to weblogs that reference 北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた その1:

« 書評<深海生物学への招待> | Main | 北海道モデラーズエキシビジョン2011に行ってきた その2 »