« 書評<水が世界を支配する> | Main | F-15E Day1st »

2011.08.25

書評<名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~>

「サッカーダイジェスト」で連載を持つスペイン在住のジャーナリスト、へスス・スアレスが、世界に知られる名将たちを論評したコラム集。今をときめくグアルディオラ、モウリーニョ、ファン・ハールなど名将たちはどのような信念を持ち、どのようなサッカーを見せようとしているのかを一人ずつ論評する。

世界的に知られる名将たちは、チームを勝利に導くためにそれぞれの手法を持ち、選手、メディア、チームスタッフへのアプローチも様々だ。本書では彼らを論評していくわけだが、スペクタクルなサッカーを信奉する著者の基準点が明確なので、各監督たちの論評も大いに納得できる。結果だけを追い求める監督を批判し、中堅クラスの規模の監督の限界を指摘する。その舌鋒の鋭さが心地よい。
ただし、専門誌を欠かさず読んでいるサッカーファンならば、いずれも既視感がある文章であることも確か。短いコラムで名監督たちを論評するのは、ちょっと乱暴な感じもするかな。

初版2011/08 東邦出版/ソフトカバー

« 書評<水が世界を支配する> | Main | F-15E Day1st »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~>:

« 書評<水が世界を支配する> | Main | F-15E Day1st »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ