« 書評<ヨーロッパ史における戦争> | Main | 書評<監督ザッケローニの本質> »

F-15E Day8th

台風一過、急に涼しくなった秋分の日。クーラーなしでエアブラシ吹いても、汗がにじむこともなくなりました。わずかな期間ですが、模型製作日和。なのでF-15Eの全体塗装、いきましょう。
まずはフラットブラックでシャドー吹き。
Dscn0510
スジ彫りのラインとコクピット付近、文字通り影になる部分を吹いた後、レドームとコクピット前のパネルを塗装。F-15EはクレオスのC305ガンシップグレイ単色ですが、実機の写真を見るとパーツ交換のせいか、ここのところが微妙に個体差があります。今回はスケールを考慮してC305にC308を加えて明るくした基準色を調色し、そこからさらにC308を少量加えてレドーム付近を塗装してマスキング。
Dscn0513
そんでもって前述の基準色を全体に吹きつけ、さらに単調にならないようにビン生のC305をスジ彫り付近に吹いてメリハリをつけます。
Dscn0515
うーん、回数吹いたわりにはあんまし変わらないな(笑)。明日はスミ入れした後、一気にクリアーコート直前まで進めましょう。

|

« 書評<ヨーロッパ史における戦争> | Main | 書評<監督ザッケローニの本質> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/52811043

Listed below are links to weblogs that reference F-15E Day8th:

« 書評<ヨーロッパ史における戦争> | Main | 書評<監督ザッケローニの本質> »