« August 2011 | Main | October 2011 »

書評<アメリカ陰謀論の真相>

9.11同時多発テロから今年で10年が経つ。歴史を大きく変えた事件だが、アメリカではこのテロを政府の謀略だと信じる人が調査対象の2割から3割にものぼるという。このことからも、アメリカがコンスピラシー・セオリー(陰謀論)の本場であることがうかがえる。本書はアメリカで陰謀論が唱えられるようになった”真珠湾攻撃の謀略”から本丸である”J.F.ケネディ大統領暗殺”、日本ではあまり知られていない”ガイアナ人民寺院集団自殺事件とCIAの関係”まで、アメリカでまことしやかに囁かれる陰謀論をバッサバッサと斬っていき、陰謀論者を論破していく。

アメリカの陰謀論の歴史は長い。本書では陰謀論者が唱えるトリックを次々と論破していくが、その多くは当のアメリカでも何度も検証されている。だがなおも陰謀論は絶えることはない。著者はあとがきで陰謀論を唱えること自体を職業にしている作家たちと、アメリカ一般市民の”知的レベル”を問題としているが、当たらずとも遠からず、であろう。めんどくさい科学的検証を延々と読むよりは、なんでもCIAやロスチャイルド家のせいにしてしまう方が手っ取り早いのだ。だが、根本は現代社会への不安と、既存権力(マスコミを含む)への不信があるなかで、事件の衝撃の大きさを消化できないことにあると思う。”なんとなく不安”な日常に「あなただけに真実を伝える」と囁いてくるヒト、本、最近ではネット。そんな中に突然、自分ではどうしようもないが、自分の生活に多大な影響を及ぼす事件が起きる。コロッと”転向”してしまう人が一定数出てしまうのはしょうがないのかもしれない。
日本でも東日本大震災以降、特に福島第一原発関連で多くの陰謀論が語られるようになってきた。地方議会の議員さんがTwitterで「地震兵器」について語る、イタイ時代だ。マスコミはキレイごとしか報道せず、政府は右往左往するばかり、ネットでは”風説の流布”レベルの話が飛び交う。こういった状況では基準としての自分自身の知識を高めるしかない、と個人的には思うのだが。この本を含め、ネットにも書店にも”良識”はまだまだあるのだから。

初版2011/09 文芸社/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<監督ザッケローニの本質>

2010年のドイツワールドカップ後に日本代表に就任するやいなや、親善試合でアルゼンチンから金星を上げ、以後もアジアカップ優勝など、順調すぎるともいえる結果を残してきたザッケローニ。チームを率いる手腕だけではなく、その誠実な人柄も、サッカーフリークたちを引きつけてやまない。本書はザッケローニの監督としての経歴を詳細に追い、カルチョの国、イタリアでどのような部分が評価されてセリエAの名門チーム監督まで上り詰めたのか、そのセリエAで彼が味わった挫折とはどのようなものであったかを明らかにしていく。

アジアカップ優勝以来、ザッケローニ監督本は何冊か出版されているが、いずれもいかにも内容が薄そうなものだったので手に取る気が起きなかったが、本書は本格的なバイオグラフィーである。アマチュアチームの監督だった彼がいかに見出され、どのようなスタイルでチームをまとめていたのか?関係者のインタビューを交えて構成されている。
面白いのはイタリアのサッカー界が透けて見えることだ。元プロ選手以外は、コネなしでは下部リーグの監督ライセンスさえ取ることも出来ないという、縁故を重要視するイタリアらしいサッカー協会。キレやすいチームオーナーたちの存在。そのオーナーが「ザックはオレが見出した」とドヤ顔で語るインタビューなんかもいかにもカルチョの国らしい。
ザッケローニのパーソナリティとイタリアサッカー界の内幕の一部を知ることができる一冊だ。

初版2011/09  光文社/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-15E Day8th

台風一過、急に涼しくなった秋分の日。クーラーなしでエアブラシ吹いても、汗がにじむこともなくなりました。わずかな期間ですが、模型製作日和。なのでF-15Eの全体塗装、いきましょう。
まずはフラットブラックでシャドー吹き。
Dscn0510
スジ彫りのラインとコクピット付近、文字通り影になる部分を吹いた後、レドームとコクピット前のパネルを塗装。F-15EはクレオスのC305ガンシップグレイ単色ですが、実機の写真を見るとパーツ交換のせいか、ここのところが微妙に個体差があります。今回はスケールを考慮してC305にC308を加えて明るくした基準色を調色し、そこからさらにC308を少量加えてレドーム付近を塗装してマスキング。
Dscn0513
そんでもって前述の基準色を全体に吹きつけ、さらに単調にならないようにビン生のC305をスジ彫り付近に吹いてメリハリをつけます。
Dscn0515
うーん、回数吹いたわりにはあんまし変わらないな(笑)。明日はスミ入れした後、一気にクリアーコート直前まで進めましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<ヨーロッパ史における戦争>

クラウゼヴィッツ研究で知られる著者が、封建時代以後のヨーロッパ社会と戦争の関係をまとめたもの。王様と騎士たちが跋扈する中世から市民革命を経て現在に至るまで、社会の変遷が戦争をどのように変えてきたか?逆に、戦争は社会にどのような影響を与えてきたのか?騎士や傭兵たちの専門職であったはずの戦争が国力が総動員される戦争に変わる経過。技術が戦争を圧倒していく経過を詳細に辿っていく。

「十三世紀から現代までに匹敵するほどの長い間、ヨーロッパでは、『平和』とはごく稀な現象でしかなかった」。この言葉から始まる本書は、ヨーロッパ社会の変化と戦争の変化の関係を考察していく歴史的な名著である。現代の日本人は戦争というと「国家間の全面戦争」のイメージが一般的だが、それは歴史の一部に過ぎない。常備軍さえその存在は近代になってからであり、それまでの戦争は騎士・傭兵・商人たちが主役であった。自分は中世ヨーロッパの歴史的知識が乏しいので、諸王国の時代からから国家間の成立と社会が変化していき、戦争もそれにともなって変遷していくその経過を知ることは新鮮だった。逆にいうと技術が戦争の結果を圧倒する時代は馴染みのものであり、湾岸戦争までの現代戦は、第一次世界大戦の時代から本質的に変わっていないことがよく分かる。
湾岸戦争以後、あるいは9.11以後の対テロ戦争は後世、いかに社会と関連して語られるのか?その答えはすでに出ているような気もするが、正確な結論が出るのは少なくとも新たな時代の戦争が起きてからのことだろう。

初版2010/05(原著1976)  中央公論社/文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<神様のメモ帳〈8〉>

ニート探偵助手、なるみへの今回の依頼は以外にも四代目と呼ばれるギャングのボス、雛村壮一郎。ケツ持ちをしている雀荘がイカサマ麻雀打ちたちに荒らされているとのことで、それを見破るべく麻雀打ちとして雀荘に潜入する。そこで出会ったのは四代目の両親と、封印すべき忌まわしい過去の残滓。すべてに決着をつけるべく、ニート探偵たちが奔走する。

この巻のモチーフとなるのは今どきのライトノベルらしからぬ麻雀。唐突なこのゲームの登場は、あとがきによると著者のバイト体験にあるらしい。ともかく、なるみがまたまた社会の役に立たない才能を発揮し、忌まわしき過去を振り切るために奔走する。いくつかの短編をつなげた様な唐突な展開にはややとまどうが、それでも最後はそれなりに爽やかな読後感。それなりに区切りがついた感じがする巻だったので、新展開に期待である。

初版2011/09 アスキー・メディアワークス/電撃文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<戦術リストランテ>

海外サッカーを扱う「フットボリスタ」に連載されている西部謙司氏のコラムの書籍化。戦術分析に定評のある著者が、ここ2~3年のビッグマッチを軸に、世界のサッカーの頂点に立つべく争うクラブチームの戦術の今を解説する。本書書下ろしとして、監督がいかに戦術を伝えているかを常福氏(前東京FC監督)と、また専門誌はいかに戦術を読者に伝えようとしているかを「フットボリスタ」編集長との対談にて検討する。

監督は選手たちにピッチでどんなことを表現させようと目論んでいるのか?選手たちはどのような意図をもって走り、ボールを追い、パスを出しているのか?このへんが分かりだすと、観戦が格段に面白くなる。個人的にはプレミアやチャンピオンズリーグを生で見る根性はないので、雑誌連載のこのコラムを読んだ後に該当する試合を見ることも多いのだが、著者の適度に噛み砕いた解説を思い出しながら映像を後追いで見ると、選手たちのシステマチックな動きがよく分かる。
しかしながら、本書の価値は前記した対談にあるだろう。プレーヤーたちの現場、自分たちが読む雑誌は戦術をどのように扱っているのか。それが垣間見えて面白い。
とはいえ、フォーメーションとシステムの虜になってしまうと、杉山某氏のように大切なものが見えなくなってしまうことがあるのも確か。サッカーを広い視野で見るべきだと、戦術本を読んだ後だからこそ再確認しなければならないことだろう。

初版2011/09 ソルメディア/ソフトカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-15EDay7th

全日本模型ホビーショーで、フジミから新金型で1/72F-15Eストライクイーグルが12月発売との報を受け、テンションが下がりかけたのですが、もう引き返せないハセガワF-15E、サーフェサー吹きまで。
Dscn0507
すでに大まかなサンディングは先週で終了していたのですが、1回サーフェサー吹いて傷を見つけて修正、さらにサーフェサー吹いた後に月初めに調整しておいたCFTへ取り付けるパイロンを差し込む。慎重に調整したはずがなぜか隙間ができ、そのパイロンの修正に手間取り、結局全体塗装までは進まず。
中途半端ですが、胴体後部の地金が剥き出しの部分だけクロームシルバーで塗装したあと、クリアで保護しています。自分はこういうとこは先に塗装しといてマスキングすることにしてます。これで来週はC305グレーの塗装に集中できるでしょう。

しっかし、彼岸手前だというのに、室温31.3℃でエアブラシ吹いてる。残暑厳しいねえ。バテないようにしましょう、皆さん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-15EDay5th

2011年9月11日は9.11同時多発テロより10年。ケーブルテレビで見るアメリカ視点の事件振り返りと、NHKで見る他人視点の事件振り返りでは、捉え方が大きく違う。端的にいうと、NHKは被害者視点が少ない。これを忘れると、アメリカの行動原理が見えにくくなると思う。
で、この週末はその後のアフガン戦争とイラク戦争に用いられたF-15Eは小物を製作。
Dscn0503
搭載兵器は対地兵器をGBU-12レーザー誘導爆弾とGBU-31(V3)/B JDAM、対空兵器をAIM-9LとAIM-120の組み合わせをチョイス。いずれもハセガワのウェポンセットから持ってきています。LANTIRNは元々F-15Eのキットについていたパーツではなく、ウェポンセットのものがキットにセットされているので、これを組み立てています。やっかいだったのはJDAMのマスキング。細切りテープをさらに細切りして、1時間掛かり。疲れた。
ジェットノズルはアイリスのレジンパーツを使用。ダイバージェントノズルを制御するアクチュエーターを1本ずつセットする作業もまたやっかいなところ。
あとは細かい箇所を筆でタッチアップして作業終了。
今日も汗をかきながらの作業。早く涼しくならないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<なぜシロクマは南極にいないのか: 生命進化と大陸移動説をつなぐ>

北極と南極の気候は違いがあるものの、地球でもっとも過酷な土地であることには変わりない。だが、その生物相は大きく異なる。南極にシロクマはいないし、北極にペンギンはいない。こうした不思議な生物分布は、世界中あらゆるところで見ることが出来る。そしてそれはプレートテクニクスによる大陸移動と、生物進化のルールのせいだ。本書は生命と地球の統一理論である「生物地理学」の考え方をもとに、こうした生物分布の謎を明かしていく。

これまでもこのブログでは多くの進化論の関係書を紹介してきたが、生物の進化が環境に大きく影響されることを考えると、プレートテクニクスを含めた地学とも当然関わらなければならない。それらを統合したのが「生物地理学」であり、それとはっきり名乗らなくても、進化論には欠かせない考え方である。本書はいわばその基礎を教えてくれる。
進化論には多くのキーワードがあるが、本書においては「隔離」であろう。今も揺れ動く大陸移動による隔離が、現在の謎多き生物分布を生んでいる。それは何も地上だけではなく、海中もまた海流や海峡による隔離により、今は同じ外見に見える魚類や海棲ほ乳類も、徐々に分化してきているのだ。
これは人類も一緒で、有名な鎌型赤血球を持つ人の分布など、一般に考えるより地域に住む人の差は大きい。それがいわゆる肌の色で分ける人種と重ならないのも面白いというか、厄介なところだ。本書ではこの人類に関する章が一番面白い。我々は自らを肉食動物や大型爬虫類に比べてかよわい存在で、ゆえに”知恵”によって地球全土にその生息域を広げたと思いがちだが、実は人類の身体能力のオールマイティーさは他の動物にはない。人類はライオンよりも速く泳ぐし、ワニよりも速く走る。身体能力もまた、人類がその覇権を拡げる大きな要因なのだ。
本書は生物地理学がこうした新たな知見を与えてくれる学問であることを教えてくれる、優れた入門書だ。

初版2011/08 化学同人/ハードカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書評<ふしぎなキリスト教>

現代の西洋文明とは、キリスト教を中心とした欧米文化といっても言い過ぎではないだろう。一応、先進国として西洋文明を謳歌する日本人だが、おおよそキリスト教の価値観を理解できず、ゆえに多くの場合でとまどってしまう。本書は2人の社会学者の対話形式により、キリスト教の祖となるユダヤ教とはどんな宗教か、イエス・キリストとは何者なのか、キリスト教の聖典である聖書に書かれている内容とはどんなものか、基本的な解釈の仕方を解説していく。

”テロとの戦い”が世界の脅威として表面化したとき、著名な学者先生はイスラム教とキリスト教の「文明の衝突」と表現した。しかしながらキリスト教もイスラム教も同じ神を信じる一神教であり、八百万の神を信じる大多数の日本人の方がよほどキリスト教との「文明」が異なる。その前提にたち、本書はその日本人が理解しづらいキリスト教の基本的なことを解説する。「神の試練って何?」「偶像崇拝の禁止」「イエスは実在の人物か?」などなど。社会学者の橋爪大三郎氏が聖書を現代の価値観に合わせて噛み砕くので、なるほど分かりやすく、目からウロコが落ちる思いがする記述もあり、面白い。
とはいえ、本書の冒頭でユダヤもキリストもイスラムもほとんど同じ宗教といいながら、何故あれほどまでにお互い忌み嫌うのかまでは手が届いていない。日本人がキリスト教を理解するうえでホントに知りたいのはそこのところだと思うんだけどな。

初版2011/08 講談社/講談社新書

| | Comments (2) | TrackBack (0)

F-15E Day3rd

台風12号の接近により、静岡も急に雨の降りが激しくなったり、また止んだりの不安定な天気。湿度80%ではとてもエアブラシを吹けないので、F-15Eは組み立てに専念。
本日はこのキットの難関の1つ、コンフォマールタンク(CFT)へのパイロンのフィッティング。レジンのパイロンをCFTに取り付けるのですがパーツにダボの類はなく、説明書の指示は「図面を参考にして瞬間接着剤で取り付け」のみ。瞬間接着剤で一発でイモ付けするのはどう考えても無理があるので、自作でピンを通してやります。
まずはパイロンパーツに両面テープを貼り付けてCFTに仮止めして、図面を見ながら調整。油性マーカーで印をつけてやります。幸いにして、合いはよし。
Dscn0497
パイロンに0.4mmのピンバイスで穴を開け、真鍮線を通します。
Dscn0498
この状態でCFTと合わせてまたマーカーで印をつけ、CFTにも0.4mmの穴を開けてやります。それでもってズブっと差してやります。
Dscn0500
これを左右パイロン8ヶ分と、ダクト分だけ、繰り返して完成。
Dscn0501
器用な方ならこれくらいはすぐなんでしょうが、なかなか作業がはかどらず、本日の成果はコレのみ。これからパイロンは一旦外して、CFTを本体に接着してフィッティングしてやります。
明日も同じような天気なのかなあ。ちょっと憂鬱。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »