« 書評<華竜の宮> | Main | 静岡ホビーショー2012に参加してきた その1メーカーブース訪問編 »

CF-18A"D-DAY 50YEARS SPECIAL" Day5th

アカデミー1/72CF-18Aホーネット”ノルマンディ上陸作戦50周年記念塗装機”、完成しました。

Dsc_0751

カナダ国防軍はF-104の後継として、F-18Aホーネットを選定しました。選定のライバルはF-16でしたが、北極付近での運用や海上パトロール使用時に有利な双発のホーネットを選定。また、アレスティングフックや強固な降着装置は、北極に点在する小規模な航空基地での運用に最適なのです。
カナダ軍はNATOの合同戦力の一部であり、意外にもCF-18Aは湾岸戦争や旧ユーゴスラビア紛争など実戦経験も豊富です。

Dsc_0755

キットはアカデミーのF-18Aのキットをストレート組み。このキットはスペイン・オーストラリア・カナダ各国空軍の機体を組め、機首側面のサーチライトも付属。機首部分のやや複雑な分割に気をつける以外はサクサク組めるベストキット。

Dsc_0758

塗装は上面クレオスC337、下面クレオスC308のカウンターシェイド。アメリカ海軍のパターンとはやや異なります。リーディングエッジの別売デカールを使い、"D-DAY 50Years Special"を再現。上陸部隊を援護する米英の戦闘攻撃機が敵味方識別用に巻いたインベンション・ストライプが印象的。リーディングエッジのデカールはそのストライプも含めて細部まで扱い易い良品質なモノ。とはいえ、写真ではごまかされてますが、現物はタッチアップが2・3ヶ所あり。やはりこれだけの大面積となると、本来は塗装すべきなんでしょうね。

Dsc_0768

カナダ国防軍のアニバーサリー機は、なぜかセンスがいいですよね。この他にも、リーディングエッジのデカールがけっこうな数、待機してますが、ホーネットはしばらくお休みかな。

Dsc_0794

本機も含めて、この1年で連作したF-18は、静岡ホビーショー2012と併催されるモデラーズクラブ合同作品展にて出品します。お暇な方は、Blog!ModelersおよびYDCCのブースにぜひお越しください!

|

« 書評<華竜の宮> | Main | 静岡ホビーショー2012に参加してきた その1メーカーブース訪問編 »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成お疲れさまでした。
この塗装は実にカッコいいですね。
現用機にも案外似合いますね。インベイジョンストライプ(笑)
静岡で拝見するのが楽しみです。

Posted by: ドカ山 | 2012.05.14 at 01:18

>ドカ山さん
こんばんは。
カナダのホーネットはなにげにセンスいいです。
インベンションストライプといえばタイフーンですが、細身のジェット機にも
似合いますね。

Posted by: ウイングバック | 2012.05.14 at 21:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/54701929

Listed below are links to weblogs that reference CF-18A"D-DAY 50YEARS SPECIAL" Day5th:

« 書評<華竜の宮> | Main | 静岡ホビーショー2012に参加してきた その1メーカーブース訪問編 »