« 書評<バナナの世界史> | Main | 書評<驚きの英国史> »

2012.06.19

書評<イスラム飲酒紀行>

UMA捜索や辺境探索で知られる著者だが、相当な酒飲みでもあるらしい。だが、辺境探索を職業としていれば、旅する国は選ぶことが出来ず、飲酒厳禁が戒律のイスラム圏の国々も当然、訪問することとなる。果たして、イスラム圏の国々で酒は飲めるのか?飲めるのなら、どのような酒が供されるのか?本書はイスラム圏の国々の飲酒事情をレポートしている。

イスラム圏の国といっても戒律の厳しさには差があるし、ほぼ内戦状態のアフガニスタンを含めて、治安面や政府が持つ力も大きな差がある。外国人用のホテルで堂々と飲める国もあるのだ。それなのに著者は一般国民の”飲酒事情”を知るために、様々な人々と接触し、酒を飲もうとする。メシのタネといえ、検挙されるのをいとわずに酒に溺れるその姿は、同じ酒飲みとして尊敬せずにいられない。また、飲酒という行為に対する現地の人々の反応をとおして、国民性や政府に対する意見も知ることができている。”飲みニケーション”というのはオッサン用語になりつつあるが、国際的に通じるのが、酒飲みとしてなんだか嬉しいのである。

初版2011/05 扶桑社/ソフトカバー

« 書評<バナナの世界史> | Main | 書評<驚きの英国史> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<イスラム飲酒紀行>:

« 書評<バナナの世界史> | Main | 書評<驚きの英国史> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ