« F-15A"IDF" Day3rd | Main | 書評<イスラム飲酒紀行> »

書評<バナナの世界史>

世界でもっとも多く消費されている果物であるバナナ。先進国では甘く栄養価の高いフルーツとして、発展途上国では食糧として、多くの人々の暮らしを支えているバナナ。だが、栽培の中心となっている品種が現在、絶滅の危機にあることはあまり知られていない。また、バナナの栽培の歴史は中米・南米のプランテーションを中心とした過酷な労働の歴史であり、巨大企業のエゴが剥き出しとなった歴史でもある。本書は、そうしたバナナの持つ様々な側面にスポットを当てていく。

バナナを巡る歴史は過酷である。アメリカの巨大企業は、自分たちの都合のいいように南アメリカの政権を転覆させ、土地を奪い、労働を搾取してきた。それに政府や政府の諜報機関も協力する。いまだ治安の安定しない国も多い中米・南米の国々がそうなった根源に、バナナを巡る歴史が深く関わっているのだ。
また、バナナという植物自体も病気に弱く、不安定な作物だ。その歴史を本書で読むと、全世界に大量に供給できていること自体が奇跡にも思えてくる。長年に渡る品種改良、また最近では遺伝子改良の研究が続けられているものの、「緑の革命」のような奇跡はまだ起きていない。
日本では流行にのって消費量が増えているようだが、そのバナナが背負っている”重さ”がどれほど知られているか?そこらへんはもう少し周知が必要ではないかと思える。本書は内容の割に読みやすい文体であるし、もっと一般に読んでもらいたい本である。

初版2012/01 太田出版/ソフトカバー

|

« F-15A"IDF" Day3rd | Main | 書評<イスラム飲酒紀行> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<バナナの世界史>:

« F-15A"IDF" Day3rd | Main | 書評<イスラム飲酒紀行> »