« 書評<レ・ブルー黒書――フランス代表はなぜ崩壊したか> | Main | 書評<世にも奇妙な人体実験の歴史> »

2012.07.22

YF-19 Completed

3連休で吶喊工事にて製作したYF-19エクスカリバー、クリア吹いてキャノピー取り付けて完成しました。

Dsc_0837

YF-19エクスカリバーは「マクロス・プラス」の主人公搭乗機となる可変戦闘機。マクロスの世界観の中では、第3世代の可変戦闘機にあたります。超AIシステムを搭載しながらもピーキーな操縦特性を持つ、機動性の高い戦闘機という設定で、劇中の空戦シーンは今も高く評価されています。メカデザイナーのショージ・カワモリがデザイン時に参考にした実機であるSu-27フランカーとX-29の持つ特性を、YF-19に反映させているともいえるでしょう。

Dsc_0839

キットはハセガワ1/72YF-19の限定版”デモンストレーター”を使用。”エアモデルのハセガワ”がつくるバルキリー・シリーズのキットで、スタイルは抜群。組み易さに関しても、ジェットノズルが塗装後に接着できるよう工夫されているなど、メーカーが非常に気を使っているのが分かります。キャノピーなどは、自分が作ったハセガワのキットの中でも、もっともフィッティングの良好なキットといえます。

Dsc_0852

キットのデカールはYF-19の1号機ロールアウト時のデモンストレイターを再現。デカールはシルクスクリーン印刷で超良質だが、個人的にスカイブルーがあまり好きでないので、キットのデカールを流用してオリジナル塗装にチャンレンジ。モデルグラフィックス誌のVF-1オリジナル設定の中の”5000機記念塗装”を参考に、VF-19Aの5000機記念塗装をオリジナル設定。スカイブルーをインディブルーに変更し、尾翼のマークもMG誌付属のマークを流用しています。

Dsc_0858

今回、YF-19を初めて作ったのですが、いやはやカッコイイです。近くで見るとマスキング跡にけっこうアラがあって、不満が残るのですが、自分としてはニヤニヤと眺めていられるスタイルのよさ。ショージ・カワモリとハセガワさんともども、いい仕事してます。マクロスF登場機も、なんとかハセガワから発売できないもんかなあ、とつくづく思います。

Dsc_0867

« 書評<レ・ブルー黒書――フランス代表はなぜ崩壊したか> | Main | 書評<世にも奇妙な人体実験の歴史> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成お疲れさまでした。
デモ塗装ってキリリとした緊張感があって
スケールモデルよりもスケールモデル的な華があるような気がします。
良いものを見せていただきました。
おっしゃる通りフロンティアの機体もハセガワverで欲しいですね。

>ドカ山さん
ありがとうございます。
マクロスの一連の戦闘機は架空機なのに、ギリギリでリアルを保つ稀有な存在で、実は難しい題材なのですが、それゆえに派手な塗装が似合うと個人的には思ってます。これをゴーストグレイで制空迷彩とかやると、かえってわざとらしい。なので、このくらい派手でいいのではないかと思ってます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference YF-19 Completed:

« 書評<レ・ブルー黒書――フランス代表はなぜ崩壊したか> | Main | 書評<世にも奇妙な人体実験の歴史> »

My Photo
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter


無料ブログはココログ