« 書評<All You Need Is Kill> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day1st »

2012.08.18

書評<気象を操作したいと願った人間の歴史>

気象は人類にもっとも影響を与える事象であり、いつの時代でも人類は気象に振り回されてきた。それゆえ、農業を営み、原初の文明を発展させ始める頃から現在に至るまで、人類は気象を操作したいと願ってきた。その手段が呪術や神事から科学技術にとって代わろうと、その根本にある考えは基本的に変わらない。本書は古代から現代に至るまで、気象を操作したいと願い、失敗してきた歴史を辿る。

地球温暖化が叫ばれる昨今、地球規模で気象をコントロールしようというアイデアがいくつも提案されている。このような”気象が操作できる”と謳った人間は、過去に限りないほどいるが、いずれも失敗した。特に19世紀以降、科学技術が発達し、もっともらしい理論をぶち上げ、気象操作を金儲けや国家の防衛・攻撃手段に使うことができるとする科学者が幾人も現れ、歴史の仇花となっていった。今となっては詐欺師同然と思われる輩も多いが、科学者が気象を操作できると確信したのは事実であろう。疑似科学と科学の違いを明確にした著名な人物すら、その罠に引っかかった。それほどに、気象操作は研究対象として魅力的なのであろう。
本書はこうした”失敗の歴史”を積み重ねることによって、現在の”地球工学エンジニア”たちに警鐘を鳴らす。現代のスーパーコンピュータがどんなに発展しようと、気象というのは予測がつかない。今まさに我々自身が体験していることである。科学の発展に限界はないとは自分も思うが、うぬぼれと自信はキチンと区別しなければならない。
本書は歴史書であり、同じような事例を延々と並べている箇所もあるため、決して読みやすい本とはいえない。しかし、科学の限界と傲慢を学には最適の書といえる。

初版2012/06 紀伊國屋書店/ハードカバー

« 書評<All You Need Is Kill> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day1st »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<気象を操作したいと願った人間の歴史>:

« 書評<All You Need Is Kill> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day1st »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ