« 書評<気象を操作したいと願った人間の歴史> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day2nd »

SEA HARRIER FRS.1 Day1st

もう9月の声を聞こうかというのになんとも厳しい残暑。寝不足だわ、なぜか下痢だわで心身ともあまり調子がよくないが、マイペースを取り戻すためにも汗をかきかきプラモ作ります。お題はコレ。
278c2f9694

新生エアフィックスが精力的に発売を続ける1/72の新金型商品から、BAeシーハリアーFRS.1。あのフォークランド紛争から30周年。今年中にかたづけておくべきお題ですね。お手軽にウィークエンドで完成させる方向で製作。

Rimg0484

最近のエアフィックスは低価格の新金型商品(おそらくは中華金型)を矢継ぎ早に発売しています。低価格だけあってオールスジ彫りではあるものの、スジは深く広く、細かいパーツもそれなりの出来。しかしながら補助エアインティークは上半分が開く駐機状態と全閉を選択することができ、またエアインティークの内部表現もこだわってて、ジョンブルのこだわりをみることができます。総じて”決定版”とはいえないものの、コレクション的に並べるには充分でしょう。

胴体の組み立てまではごく順調に。ただし、コクピットの仮組みが足りないと、機首部分とコクピット背後にややスキマができます。写真はべったり瞬着で埋めていますが、これはオレがヘタクソなせいでしょう。
今日、一番苦しんだのはハンブローブ基準のカラーナンバー指定かも。近い色ぐらい記入してくれればいいんだけど、まったくそれもないのでよく分からないのね。ネットで見つけた対照表で対処しました。そのURLを貼っておきます。
http://homepage3.nifty.com/triangleplace/color.htm
さて、明日でサンディングして塗装まで行けるかな?

|

« 書評<気象を操作したいと願った人間の歴史> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day2nd »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

こんにちは
『お手軽感』が新生エアフィックスの最大の長所では無いかと思ってます。
価格が安いところもプレッシャーに感じないですし。
これ、計算ずくならすごいです。
しかし、フォークランド紛争から三十年ですか・・・
我々もおっさんになるわけですね〜w

Posted by: ドカ山 | 2012.08.26 at 18:11

>ドカ山さん
エアフィックスの赤箱作るの初めてですが、こだわってるとこと
省略してるとこのバランスが良くていいですね。
本来の1/72とはこういうものかもしれません。

フォークランド紛争から30年、とはいっても問題は全然解決してなくて、
最近またキナ臭いらしいので、歴史はなかなか動かないもんです。

Posted by: ウイングバック | 2012.08.26 at 21:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/55505419

Listed below are links to weblogs that reference SEA HARRIER FRS.1 Day1st:

« 書評<気象を操作したいと願った人間の歴史> | Main | SEA HARRIER FRS.1 Day2nd »