« 書評<ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕> | Main | ブログ管理人からのお知らせ »

A-4F Completed

フジミ1/72ダグラスA-4Fスカイホーク、完成しました。

Dsc_0943

A-4スカイホークは著名な航空機設計者の一人、エド・ハイネマンが1950年代に手がけた艦上攻撃機。主翼の折り畳み機構を持たないほど小柄な機体ながら、機体規模に比して大きな兵器搭載量と良好な運動性能を合わせ持ち、ベトナム戦争後もアメリカ海兵隊などで長く現役に留まりました。

Dsc_0946

キットはフジミ1/72の限定版をストレート組み。フジミのこのキットは実機に比べて後部胴体形状が少し角ばっているのですが、フォルムを直すのは大仕事なのでそのまんま。ドーサルフェアリングその他、あんまり合いがいいとはいえないし、細いアレスティングフックは胴体と一体だったりと妙に組みづらいキットですが、ウィークエンドモデラーとしては加工は最小限。ウェポンはMk/82LDGPとAGM-45シュライクをハセガワの武器セットからチョイス。いわゆる”アイアン・ハンド”仕様です。

Dsc_0954

デカールはキットのVA-164"LADY JESSIE"をチョイス。VA-164に息子であるDick Perryが所属していたカジノ・レストランオーナーのLadyJessieは、VA-164の隊員をレストランに招待するなどしてスコードロンを支援しており、スコードロンは彼女に敬意を表して機体にその名を記入したのが、この塗装の由来だそう。息子がベトナムで戦死しても交流が続いたそうです(参考;http://www.va-164.org/lady_jessie.htm)。スカイホークで一番有名な塗装といっていいんではないでしょうか。

Dsc_0957

いろいろと作りにくいところのある本キットですが、なにせ小柄なので修正の手間は少なくて済みます。そこを乗り越えれば、かっこいいハイビジ塗装が目の前に。やはりこの時代のアメリカ海軍機は魅力的ですね。

|

« 書評<ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕> | Main | ブログ管理人からのお知らせ »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
カッコいいですね~、形状云々はともかく小さな機体にギュッと詰まった感がいいですよね。
私はアレスティングフックが折れたところで心が折れて止まっていますが完成品を見せて頂くともう一個作ってみようかなという気持ちになります。

Posted by: mikami | 2012.09.23 at 21:02

完成、おめでとうございます!
50年代ジェット機シリーズ?手際の素晴らしい完成を楽しく拝見してます。
黎明期特有、手探り状態の個性的な機体は興味を惹かれますね。
レシプロばっかり作ってますが、ジェット機も作りたくなりました。

Posted by: so-suke | 2012.09.24 at 13:35

完成お疲れさまでした。
スカイホークって不思議ですね。
小さいのに力持ち(爆弾たくさんつめる)
デルタ翼
塗装がハデ
長く現役
と萌え要素満載でいろんな楽しみが出来るというか。
僕も以前、オーストラリア海軍仕様でつくりましたが
もう一機作りたくなりました。

Posted by: ドカ山 | 2012.09.24 at 22:28

>mikamiさん
こんばんは。ありがとうございます。
自分はアレスティングフックは早々に切り離しました。
おっしゃるとおり、スカイホークは短胴なのにスタイルいいですよね。
mimamiさんの完成品もお待ちしておりますよ。

>so-sukeさん
ありがとうございます。
F-15以降の現用機は違いはあれど、基本的には全機がクリップド・デルタで、個性は薄いんですよね。
so-sukeさんのジェット機も楽しみにしてますよ。

Posted by: ウイングバック | 2012.09.24 at 22:57

>ドカ山さん
ありがとうございます。
アルゼンチン空軍とか、ニュージーランドとか、面白い塗装がまだまだいろいろあるスカイホークです。
エアフィックスあたりを試してみることをおススメしますよ。

Posted by: ウイングバック | 2012.09.24 at 22:59

さて、こうしてコメントするのがとっても久しぶりでございますね。

手馴れた完成度に軽く嫉妬です。

実はおいら、エッシーかモノグラムか忘れたけど、
この塗装の1/48を所持していたことがあって、
その箱絵(完成品のサイドショットだったかと・・)があまりかっこよく見えず、
もうずいぶん前にオクで処分してしまったのです。

この完成品をそのときに見ていたら、手放さなかっただろうに・・・
反省しています。すみませんでした。

Posted by: かぽう | 2012.10.03 at 16:22

>かぽうさん
お久しぶりです。
A-4は寸詰まりに見えるときもあるので、スケールを縮めるときにディフォルメが難しいのかもしれませんね。
なに、もう一度ヤフオクを漁って買い戻せばいいのです(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2012.10.06 at 20:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/55729324

Listed below are links to weblogs that reference A-4F Completed:

« 書評<ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕> | Main | ブログ管理人からのお知らせ »