« 書評<屍者の帝国> | Main | A-4F Completed »

書評<ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕>

空ではF-22ラプターやF-35ライトニングⅡといっステルス戦闘機、宇宙ではロケットや衛星、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)、海ではイージス艦の使用するSM-2スタンダード・シリーズなど、アメリカの最新鋭兵器の開発・生産を一手に引き受ける巨大軍需産業、ロッキード・マーティン。その母体であるロッキードは、2次大戦前からアメリカ陸軍航空隊、戦後はアメリカ空軍へ航空機を提供し続ける長い歴史を持つが、その歴史は数々のスキャンダルと開発予算超過にまみれている。本書はロッキード・マーティンの歴史を辿り、その軍需産業の内幕を明かす。

「巨大軍需産業がアメリカ政府を操っている」的な陰謀論を扱う本かとも思ったが、「なぜ数多ある軍需産業の中でロッキード・マーティンが生き残ったか」ってテーマが相応しい、思ったよりフツーの内容であった。その答えは、、代々の社長が議会のロビイストの使い方がうまかった、というフツーの答えしかない。結局のところ、戦争は政治の延長であり、軍需産業は常に政治に左右される、バクチのような商売である。ロッキードもダグラスもマクダネルも政治に振り回されっぱなし。だからこそ、議会で暗躍する。合併を繰り返す。「戦闘機から個人情報保護まで扱う巨大企業」にロッキード・マーティンがなったのは、結局のところ、そうでもして多角化しないと、軍事関連の産業だけでは儲からないから。軍産複合体や産業を横断する企業が”政治”より先にあったわけでは決してない。著者が意図する結論とは逆の感想を、個人的に感じずにはいられない。

初版2012/09 草思社/ハードカバー

|

« 書評<屍者の帝国> | Main | A-4F Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕>:

« 書評<屍者の帝国> | Main | A-4F Completed »