« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »

2013.03.05

書評<フルメタル・パニック! アナザー5>

主人公・達哉が所属する民間軍事会社D.O.M.Sの社長のマオがテロで倒れた。D.O.M.SはCEOが代わり、組織が変質していく。そしてある作戦を機に、達哉はD.O.M.Sを抜けることを達哉は決意する。しかし、日本に帰国した達哉は、その日常に違和感を覚える。そして達哉が下した決断は・・・。

フルメタル・パニック外伝は第5巻にして転機。あとがきによると、やはりアグレッサー部隊では物語を形作るので難しかったようで、ようやく物語が動き出す感じだ。
これもあとがきからだが、アグレッサー部隊で物語を書く難しさに、懐かしのコンバット・コミック連載の「レッズ・イン・ブルー」が参考に上げられていた。つくづくも、同世代の書き手が増えてきたと思うところである。


初版2013/02 富士見書房/富士見ファンタジア文庫

« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<フルメタル・パニック! アナザー5>:

« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ