« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »

書評<フルメタル・パニック! アナザー5>

主人公・達哉が所属する民間軍事会社D.O.M.Sの社長のマオがテロで倒れた。D.O.M.SはCEOが代わり、組織が変質していく。そしてある作戦を機に、達哉はD.O.M.Sを抜けることを達哉は決意する。しかし、日本に帰国した達哉は、その日常に違和感を覚える。そして達哉が下した決断は・・・。

フルメタル・パニック外伝は第5巻にして転機。あとがきによると、やはりアグレッサー部隊では物語を形作るので難しかったようで、ようやく物語が動き出す感じだ。
これもあとがきからだが、アグレッサー部隊で物語を書く難しさに、懐かしのコンバット・コミック連載の「レッズ・イン・ブルー」が参考に上げられていた。つくづくも、同世代の書き手が増えてきたと思うところである。


初版2013/02 富士見書房/富士見ファンタジア文庫

|

« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/56859351

Listed below are links to weblogs that reference 書評<フルメタル・パニック! アナザー5>:

« 書評<盤上の夜> | Main | 書評<水の迷宮 (クラッシャージョウ11)> »